アプローチ)

扇沢

 2:30に無料駐車場に到着。空きスペースは3台分しかない。そこも、あっという間に埋まる。この後に来る車は下の方に入れるか、有料駐車場だ。今日のトロリー始発は7:30で臨時便なし。
 6時頃からチケット販売窓口には行列。事前購入チケットも乗車券に交換が必要だが、こちらの列はさほど長くない。誤乗車券発行証明(JTBが間違えたのだ)をもらって、乗車口の列に並ぶ。荷物は別のトラックに載せ、何とか座れた。荷物は別料金。TAMAさん、ツチさんは直前に到着したのでトロリーバスには座れず、立ったまま。
黒部第4ダム

 難工事の破砕帯、福井と長野の県境を越えて、黒部ダムへ。展望台には登らず。観光放水はいつものこと。ダムの水位が下がっているように思える。
ダム中心部

 高所恐怖症の人はまともに下を見ることができない。向こうには、白馬岳と遣ヶ岳が見えている。
大汝はガス

 TAMAさんとツチさんが向かう大汝はガスがかかっている。
 
 ダムから河原に降りたところに橋がかかっている。PEIさんはいつもこの橋を渡って、ロッククライミングの練習や、雪渓訓練をやっていたのだという。


地下ケーブルカー

 わずか5分の時間だが、3台のトロリーで送り込まれた客で待ち時間がある。やっと3台目に乗車できた。
 ここから荷物券は更に別売り。さっきは210円だったがここからは400円、しかも片道だけ。荷物だけで往復1220円も取られるって何?
黒部平

 
ロープウェーも時間待ち。整理券をもらったらなんと30分後のロープウェー。
 外に出て、景色でも楽しみましょう。相変わらず立山の山頂付近はガスがかかっている。
ナナカマド

 
真っ赤に色づいたナナカマドの実。これから葉っぱも真っ赤に染まることだろう。
 
無題

 
黒部湖側

 正面に赤沢岳、右手に針木岳、左手に鹿島槍ヶ岳が見える。
ロープウェイ

 距離1.7km、途中に支柱が一本もないワンスパンロープウェイ。地上80m。万一途中で止まっても、救助用のロープウェイが近寄ることができる。
 これで、大観望まで一気に運んでくれる。
ナナカマド


大観望では展望を犠牲にして、そのままトロリーバス乗り場に並んでしまったので黒部湖を見下ろす絶景を見下ろすことはできなかった。
室堂 標高2,450m

 観光客と一緒に運ばれてきました。ここで、TAMAさん、ツチさんとはお別れ。立山の美味しい水が湧き出ているが重いのでここで汲むのは自重しよう。
  大汝山

 ツチさんとTAMAさんは大汝山に向けて歩き出しました。

 PEIさんと○は剱岳に向けて出発す。



   剣岳>アプローチ>剱沢まで剣岳登山路下山路