5月第3週は恒例の「ロードレースin軽井沢」である。今年は20回目の記念大会ということで、特別ゲストに川島伸治選手(シドニー五輪代表)が来てくれるらしい。
 浅間山の噴煙を見ながら、新緑の軽井沢を駆けるのは気分爽快だ。参加者がそれほど多くないのも嬉しい。
 日時:2005年5月22日(日)晴 スター時気温13度 湿度62% 
 場所:長野県軽井沢町(風祭公園)
 参加者:5km、10km、10マイル合わせて1,000人くらい

コース

 
コースは「5km」と「10km」と「10マイル」の3コース。10マイルの参加者が一番多い。年代別の区別がないところもシンプルな大会だ。
 右に左に正面にと浅間山が見える位置が目まぐるしく変わるが、高原独特のさわやかさがいっぱいの大会である。
妙義山と浅間山

 ETC深夜早朝割引時間帯(50%割引)に東松山ICを通過し、妙義山の””文字を見る。
 7時前に駐車場に到着し、暫く仮眠。気がつくと車があふれかえっている。8時に会場に向かう。Tamaさんも駐車場に到着。
受付

 がらーんとした会場では受付が始まっている。参加者がそれほど多くないので、スムーズ。何事も適正規模というものがある。参加者が多過ぎる大会は嫌いだ!
開会式

 ゲストの川島伸治監督と選手先生をした地元の小学生が一緒に並んでいる。川島って思ったより小柄だった。
場所取り

 バックネットのすぐ裏(開会式を行っているすぐ後ろ)に陣取る。公園に遊びに来てお弁当を広げているような感じだ。
さぁ、頑張ろう

 軽くウォーミングアップして、互いの検討を誓い合う。天気も良くなってきたし、楽しみながら走ろう。
スタート

 まず10マイルが10:00にスタート、続いて10キロが10:15にスタートを切る。Tamaさん、一緒に走ろうね。
10キロのゴール

 川島選手が公約どおりキロ6分でゴール。
 エミリンのゴールが○より速かった。55分21秒で走り切りました。
○のゴール

 
浅間山に見とれながら気持ちよく走っていましたが、10キロ過ぎからヒザ痛が出てきました。最後の10キロは50分かかりました。1時間18分30秒
Tamaさんのゴール

 
マイペースで完走を目指すTamaさん。昨日は法事でお疲れのまま参戦。ご苦労様でした。記録は1時間24分台。
はぁ、疲れた

 後半は暑かった。顔には塩が噴いている。
 ゴール直後に時間差なしで完走証を発行してくれる。最近は発行までの時間が短くなっているので嬉しい。
川島伸治サイン会

 行列ができているが辛抱強く並ぶ。「激走 川島伸治」と丁寧に書いてくれ、一人づつ握手もしてくれる。非常に真面目な性格のようだ。
MMX応援旗

 Tamaさんの奥様は応援団。MMX応援旗に川島サインをもらう。
参加賞のTシャツ

 どうみても北海道のキタキツネにしか見えないのだが。
速報

 速報もすぐに出ている。表彰式もドンドン進める。このへんの手際の良さは誉めてあげたいところだ。

 その代わり、抽選会とか何もなくて自然解散!だは。
   LAPタイム


   軽井沢