4月第2週は恒例の「高尾の森植樹祭」の日です。参加者もだんだんと増えてきて、今年は450名ほどに膨らんだという。天気も上々、ハイキング気分で楽しく過ごします。
●日時:2005.4.10
●場所:裏高尾(下小沢)
●参加者:正会員=Tsuchiさん、Araさん(2)
       一般参加=Koudatsuさん(2)、Okuyamaさん(2)、Nagaiさん、
              Peiさん、◎

今年は貯木場まで車

 8:00に高尾駅集合。正会員は前日からわくわくびれっじに宿泊。イベントで楽しんだ模様。今年も会場まで歩く予定でしたが、Peiさんが車で迎えに来てくれたので、乗せていただく。
今年も「するさし」とうふ

 バスに乗ると買えない峰尾豆腐店のするさしとうふ。作業の後の楽しみです。
 ついでに、「オカラドーナツ」も求めて、ここで食べてしまいます。おいしいです!


ベースに到着

 貯木場にから歩きます。参加者も黙々と歩いています。約40分で下小沢ベースに到着します。
 まずは受付。般参加者は500円の参加費でタオル、ドリンクがもらえます。あとは、最後に豚汁が飲めます。

ベースは花粉が

 春霞かと思いきや、杉花粉が思いっきり飛んでいます。一面が黄色く変わっています。こりゃ、一大事だ!
開会式

 450人も参加してくれました。開会の挨拶、注意事項、記念撮影と順調に消化すると、時は既に11時になろうとしています。今回は事前に班分けがされており、私たちはD班でした。D班でも更に3グループに分かれます。私たちは一番上担当のD−3グループです。
いよいよ、作業場所へ

 
苗木とクワをもって山に入ります。作業終了後に影延山に抜ける人は弁当も持って登ります。今回、D作業場までは30分ほどかかる見込みです。
  2002年に植樹した場所

 2002年(3年前)に植林したA地区です。かなり大きくなってきました。毎年期待しています。同時に、下草刈りをしてくれているボランティアの皆さんに感謝します。
 20年後が楽しみです。
  途中休憩

 日本山岳会主催といえども、参加者は家族です。子供もいますので適当に休憩を取りながら登ります。C班に追いつきました。フーフー言っている人は普段の運動不足です。
 佐賀和牛を購入していただいたGさんがいらっしゃいます。(__)
ヒトリシズカマムシソウ

 ヒトリシズカが群生している。昨年は2本だけだったのに。
 マムシソウも沢山咲いています。見てくれはあまり気持ちの良いものではないですね。
スミレ

 スミレの種類は沢山ありすぎてさっぱり覚えられません。タカオスミレは高尾山周辺の固有種と聞きますがはたして? 右はエンザイスミレだと思いますが、自信はありません。
ニリンソウネコノメソウ

 ニリンソウは毎年同じ場所で群生しています。ネコノメソウも群生しています。花が好きな人は疲れも忘れて見とれてしまいそうです。
作業場所に到着

 予定通り30分ほどで作業場所に到着。一息ついて、作業の説明を受けます。下から順に植えていくこと、篠竹に名前が書いてあるので、指定された苗を植えること。穴の堀方、穴の埋め方等々。一番大事なことは上下作業にならないこと。落石危険。
作業開始

 急斜面なので穴を掘った土が下の方に落ちていきます。埋めるときに土の量を確保しないといけません。落石が頻繁におきます。小さい子供さんには過酷な労働でした。でも、頑張って植えてくれています。
  もうちょっとだぁ

 1人約10本ぐらいづつ植えました。最上部まで植えれば責任領域の作業は完了です。明日は雨が降りそうなので願ったりかなったりです。

 いやぁ、お疲れさまでした。では、ベースに戻りましょうか。


  宴会

 降りてきました。豚汁をもらい、ビールで乾杯。これが目当てで毎年来ている人もいます。
 「愛酊で笑呼」(ITでエコ)も出品され(注.非売品です)田んぼ作りも話題提供に一役買います。とてもおいしいお酒です。
  芸者

 ”篠笛のよしゑ”姉が今年も元気いっぱい歌って踊っています。日本郷土芸能研究保存会(青森市油川)津軽三味線、横笛、龍神太鼓、和洋楽器ユニット「白神shirakami」から出張って頂きました。以降の出演依頼は責任者まで。
今年もやっぱり最後です

 15時頃になると皆さん解散になります。が、我がグループは、今年も最後になります。時は既に17時。役員も誰もいません。バス停まで40分かかります。さぁ、頑張って歩こうかぁ!
カエルがゾロゾロ
 
 うるさい人間どもが帰ってしまった後にはカエルが現れて、ゲコゲコの大合唱。更には子孫繁栄に励んでいる。邪魔しちゃダメです。そっとしておきましょうね。
結局、高尾駅まで歩く

 終バスに乗り遅れ、今年も駅まで歩くことになります。途中にはおいしい水や史跡もありますので退屈はしません。高尾駅に着いたのは18時50分。既に真っ暗になっています。では、来年も宜しくお願いします。
 翌日NHKで放映されました。
(参考:過去の記録)
・第1回(不参加)
第2回(2002.04.14.)
第3回(2003.04.13)
第4回(2004.04.11)