相変わらず噴煙を上げ続ける浅間山。浅間山に一番近い山は「黒斑山」であるが、この時期に黒斑山まで行くのは上級者。ここは初級者が十分に楽しめる近場で遊ぶ。ASAMA2000スキー場でスキーを楽しむ以外にも、スノーシューやクロカンのコースがいくつかある。
 日時:2005年2月13日(日) 
 山名:高峰山(標高2,092m)
 参加者:◎(2名)

高峰山から望む「籠ノ登山」(向こう)、「水ノ塔山」(手前)
ASAMA2000スキー場

 標高2,000mの位置にあるスキー場。今日は日曜日なにどういう訳かガラガラ。スノボーも認めているみたいなのにどうして?向こうに見えるのが「水ノ塔山」。

 この駐車場(無料)に車をおいて散策する。トイレに張り紙「登山者はチップ制です」。意味するところは”登山者は金を落とさない”から有料か?
急坂を登れば

 10分も登ればすぐに稜線に出る。いきなり風が冷たい。どこが山頂だろう?どこが一番高い?2つめかな?
アップダウン

 どこが一番高いところか分からない。次か?と思うと裏切られる。標識もない。エッサホイサ、、、楽しいけど寒いなぁ。
雪庇

 眼下にはチェリーライン。きれいに除雪がされており、路面には全く雪がない。
 雪庇といってもこれくらいなら踏み抜いても大した怪我はないでしょう。と、油断してはいけないのだが。
高峰山と浅間山

 
最前方が「高峰山」で、振り向くと後方に噴煙を上げる「浅間山」。なかなかの景色を堪能する。
ウサギの足跡?

 動物の足跡がある。ウサギだと思うが、このさき転げて行ったのかな?急坂である。

 やっと標識を見つける。「車坂峠」(登ってきた方)はあっちで、高峰山はこっちとなる。やっと半分来たということ。
高峰山頂 標高2,092m

 更に何度かアップダウンを繰り返すと山頂に到着。小さな標識がちょこんと立っているだけの簡単な山頂。展望はすばらしく、八ヶ岳から北アルプスまで見渡せる。展望がいいのが冬山の証拠。昼食をかねて休憩だ。
ここで休憩

 風を避けて岩陰で休憩としよう。熱い飲み物がうまい。休憩中に数人のパーティが何組かやってくる。みな初心者のようだ。歩きかおぼつかない。やっぱ、初級者の練習場所には最適な山なんだと確認する。
「祠」がある

 山頂標識の先に祠が祭ってある。一応参拝しよう。「お陰様で本日も無事に登ることができました。どうもありがとうございました。パンパン。
この先は危険

 祠の先は絶壁、、、、、ではないが、”危険”の表示。素直に従いましょう。
 
 一方、後方は群馬県側になるのだが、さっぱり山座同定ができない。

 休憩したら、ちゃっちゃと戻ろうか。
帰りは楽々

 往路を戻るだけなので、何も考えなくて良い。ルンルン、、、と鼻歌まじりだよ。浅間山の噴煙は刻々と姿を変えているけど大丈夫かなぁ?

 最後の急坂を下るときは、ちょっとびびって尻セードいや、尻制動してたっけな。
戻ってきました

 
日曜日の昼間というのに駐車場が満車になってない。無料なのに。食事をする人のスキーも少ないでしょ?いったいどうしたんだろう?スキー人口が激減したって感じだ。

 さて、スノーシューって簡単だってことが実感できてきたようです。ホント楽しいですよ。一緒にいかがですか?