その

東天狗岳 10:30 標高2,640m

 どこで、下山宣告が出るんだろう?と不安を抱えながら、じっと着いていくと、突然標識が現れた。「あれ?もしかして天狗?」「そうだよ!」ヤッター、天狗ダァ!歓喜の声がこだまして、四人で固い握手。ここより4m高い西天狗岳は全く見えず、行く気にもならない。厳冬の天狗岳はムチャクチャ寒いが、なんだか達成感に胸がいっぱい。

山頂での勇姿

 おーし、山頂だぞ!へん、どうだ!
 <(`^´)>エッヘン


 
「銀行強盗団だ」(陰の声)
東天狗岳山頂

 ○以外のデジカメは全滅。デジカメは温度に弱く、動作温度は0度〜40度が仕様。-20度に耐えれるハズがない。○は、デジカメはケースに入れず、胸ポケットに入れて暖めている。バッテリーはホカロンと一緒にポケットに。それでも、新品バッテリーで30枚くらいしか撮影できないので予備を含めて5個持参。。また、携帯電話もアンテナが3本立ったとたんに電池マークが出て自動的に電源が切れる。


とっとと下山  10:36

 山頂滞在時間わずか6分。これが冬山ってもんなんですね。暖かいうどんとかラーメンを作ろうかと持ち上げるも、寒すぎて何もする気も起きない。もう、一目さんに下山したいだけ。
下山も一苦労  10:50 

 眼鏡が凍って、前が見えないタカさんはマコさんの声をたよりに足を出すが、いつ転んでもおかしくない。何度かよろめきながらも懸命に下る。所々に細い稜線があり、突風が来たら耐風の姿勢を。
エビのしっぽ

 かんり養殖されたエビのしっぽ。美味しそうだな。この坂は尻セードで下れば楽しそうだが、一番下は岩場になっている。調子に乗って滑り降りるとひどいケツになる。おぉ、あそこは風もなさそうだ、小休止しよう。
1本 11:15〜11:25 

 風を避けて、立ったままでの昼食。「あ〜、腹減った」。水がガチガチに凍っている。おにぎりは冷たすぎて食べる気がしない。パンが半分凍って固い。便りになるのはお湯だけ。ちょっと余裕があったのでうどんかラーメン作ればよかったね。
冬の北八ヶ岳3

 下山を続ける。あれ?もしかしたら青空?うっそぉ、大寒波で天気は下り坂じゃなかったの?
冬の北八ヶ岳4

 段々と雪雲が切れてきて、所々に青空が見えてくる。あと1時間遅かった方が天気は良かったみたい。こればっかりは難しいところだ。
冬の北八ヶ岳5

 吹きさらしの表面にできる風紋や、これの発達したシュカブラ(波模様を描く雪面)にも目を奪われる。中山方面まで見えてきた。
冬の北八ヶ岳6

 賽の河原とでも言うのだろうか。振り向けば、いま降りてきたところがドンドン遠くなっている。樹氷も寂しい。
尻セードの後

 先行は尻セードでどんどん急ぐ。○はイマイチ尻セードが苦手。待っていてくれた。カメラを拾ったので、よく見てみたらカズさんのだった。もう少しで雪に埋もれて見えなくなるところだったね。
黒百合ヒュッテ   11:50

 ついに、日が差してきた。いやはや、良い天気になってきた。すっかり熱い。黒百合ヒュッテに張ってあったテントは撤収されている。ここは立ち寄りもせず、通過。
下界が見えてくる

 晴れ間から諏訪方面の市街地が見え始める。女子高生の一団がプラスチックの「うちわ」風の物を持っている。宗教団体か?いや、違う、「一人乗りのソリ」なんだって。これで雪遊びしていたのか。今度、孫を連れてこようとたくらむマコさんにはシュノーシューと併せてヒントになったらしい。
すっかり良い天気 12:30

 まぶしいばかりの陽光が木々の間から差し込んでくる。アイゼンが外れたマコさんをトリガに軽く1本。八方台分岐で先ほどの女子学生がおばさん座りしている。さぁ、あと少しだ頑張ろう。ちょっとヒザが疲れてきたようでもある。
ドンドンドン下る

 振り向けば、しっかり青空。もう!っと、ツアーの一団に追いついてしまった。ショートカットして登りと違う道を降りようと思ったが、カズさんに声が届かず、同じ道を降りる。
 おぉ、着いたぞぉ。13:15登山口着。登山届けの束を見て終わり。
御渋殿湯 13:17 

 ツアーの団体はあらかじめ予約してあるタクシーでお帰り。ちなみにタクシー代は1台6,000くらいだそうだ。こちらは、カズ号。ここで温泉に入ろうかと思ったが、800円と高いので止め。昨日も、宿泊割引券10%を出したが、ネット予約でないと冷たく断られたし、いまいち印象が良くなかった。館内はムチャクチャ寒かったし、暖房はストーブだし。
  河童の湯

 芹ヶ沢まで戻り、河童の湯へ。ここはゆったりとした露天風呂があり、内湯もガラスが大半で採光面積が広く明るい。時間があれば、ずっと露天風呂で会話できる。受付のおばちゃんも愛嬌のある人だ。気に入った。実は、○は以前ここに来たと思ったら違った。以前のところは「河原の湯」だった。間違えたけど、こちらも400円で満足!


   東天狗岳1に戻る