その

 冬山登山の入門コースと言われる天狗岳に挑戦する。奥多摩に較べれば格段に寒さが厳しいとは教えてもらっていたが、ついに体験できるときが来た。北八ヶ岳最高峰は西天狗岳だ。マイナス20度の世界を実際に体験してみよう。何でも水気のある物はバリバリに凍り付いてしまう恐ろしい世界だ。「山行こう会」メンバーに頼み込んで同行させて頂く。
 日時:2005年1月30日(日)
 山名:天狗岳(実際には東天狗岳:標高2,640m)
 参加者:マコさん、タカさん、カズさん、○(4名)

ベストショット

 
中山峠から東天狗岳の稜線を歩く。この日は日本列島に大寒気団が接近しており、強風が吹き荒れている。体感温度はマイナス30度くらいだろうか。頬が痛い。雪に足を取られなかなか前に進まない。悪戦苦闘の真っ最中。もうこうなったら他人の事なんか考えている余裕はない。自分が進むのに精一杯。
天狗岳MAP

 渋ノ湯(標高1,850m)から往復する。唐沢鉱泉は冬季休業中。麦草峠への道も冬季閉鎖。渋ノ湯には年間を通じてバスも通じている。黒百合平にある黒百合ヒュッテ(標高2,400m)に泊まって、山頂を目指すのが一般的。今回は渋ノ湯で温泉三昧を楽しんでの極楽登山と楽しむ。黒百合平からは擂鉢池や天狗ノ御庭を経て山頂に至るルートもあるが、冬季は使われていない模様。中山峠に出て稜線をたどる通常ルートで挑む。


渋ノ湯登山口 6:36 標高1,850m

 前夜作ってもらったおにぎりを持って、宿を6:30に出発。まだ暗いのでライトを持つ。昨夜の雪で15cmくらいの新雪が積もっている。先頭は大変だな。ほどなく登山口に着く。登山届けは準備していなかったのでパス(ごめんなさい)する。先頭は、判で押したようにカズさん。二分した登山道を急登にとる。
雪の中を  7:00

 相変わらず、雪は降り続いている。出発の時に二分した河畔沿いの登山道と合流する。風がないので熱い。アイゼンが雪をつかむ音がキュッ、キュッと心地よい。パウダースノーに近いので団子になることもない。先行者の足跡が一つついている。
一本 7:30 

 身体も温まって、ペースが安定してきたのでここで一本。昨夜はアルコールを控え目にしたので、吹き飛ばすアルコールもない。でもやけに喉は渇く。分岐の標識が立っているが、イマイチ位置関係が理解しがたい標識だ。
ズンズン進む  7:50

 先頭のラッセルもさほどたいした量ではなく(すみません、いつも最後尾で楽させて頂きました)順調に高度を稼いでいく。真っ白な世界を行くというのは実に気分爽快である。

八方台分岐  8:00

 登りが緩やかになると八方台分岐につく。このあたりは支尾根にあたり、シラビソやコメツガなどの樹林帯になっている。木々の観察が好きな人はここらで休憩をとりたいところだろう。

水墨画の世界

 物音一つしない樹林帯をザック、ザックと音を立てて突き進む。回りは水墨画のように綺麗な世界だ。景色に見とれて、登山道を外すと、例によってズボッと太ももまでずっぽり埋まってしまうことになる。
黒百合平

 樹林を抜けると、右側に岩が見えてくる。黒百合平が近いことを教えてくれる。遠くで若い娘(と思われる)がキャーキャー叫びながら雪遊びをしているのが解る。
黒百合ヒュッテ 8:40〜9:00 標高2.400m

 キャンプ指定地には数張りのテント。ヒュッテ玄関の寒暖計はマイナス16度を示している。凄く寒い。手袋を2枚重ね、この日のために買った目出帽をかぶり、フリースを中に着込み完全防寒スタイル。足には靴下に貼るホカロンを入れようと思ったが、アイゼンを外すのが面倒なので止めた。持ちあげた水がもう凍っている。テルモスの湯がうまい。
中山峠 9:07

 黒百合ヒュッテの裏側にあたる所。ここから5分ほど反対方向に進めば、展望台があるはずだが、この悪天候では所詮何も見えるはずもなく、山頂にむかう。ここからの主稜線が、冬の大自然を堪能できるお勧めルートだ。
冬の北八ヶ岳1

 そろそろ本領を発揮してきたな。強風が生み出す種々の造形が見物。空気中の水分が樹木や岩に付着、凍結してできる霧氷が見事。看板があるが何を書いてあるのは判読できない。
冬の北八ヶ岳2

 風上方向に長く伸びた氷塊は「エビのしっぽ」と呼ばれる。絶景に感動している暇もなく、猛烈な寒さが襲ってくる。手や、足の指先は既にしびれが来ている。感覚があるだけまだ大丈夫って信号かも。余裕のカズさんは、ここに来てやっとアイゼンをつける。
天狗岩付近  10:00

 巨大な岩を巻く。踏み跡は瞬時に消え、先頭のカズさんがルートファインディングを誤りそうになる。眼鏡は曇り、視界が効かなくなる。ここで足を滑らせたら、かなり下まで滑り落ちることになる。
緊急動議  10:10

 タカさんは眼鏡が凍って、前が見えなくなる。鼻の頭がカチンカチンに凍って凍傷になっている。「ヤバイ、凍傷だ。さわらないで・・」。一瞬、恐怖の戦慄が走る。「○さんも見せて?」「はい、、」「あ、右の頬が真っ白、○さんも凍傷になりかけている、ダメだよ、目出帽で隠さないと」と怒られる。「ダメダ、寒すぎる、下山だ!」と緊急動議。→でももうちょと行こか?
もはやこれまでか・・・・

 下山を覚悟した○は、自分自身の最後の勇姿をカメラに納め観念。眼鏡が一瞬にして凍り(曇りではないです)、手袋で拭くも氷がとれない。タカさんは眼鏡を口でなめている(マジです)。この後○は眼鏡を外す。裸眼の方がまだマシだ。人間の目って強い事を実感。最後のクサリ場だ。夏は大変だったけど、冬はクサリも埋まっている。ここは難なく通過。

   東天狗岳2を読む