八王子在住の大先輩ヒロさんによれば、書斎から簾をかかげてみる奥多摩の雪は、いかんともしがたい誘惑を駆り立てるそうだ。「御前山と大岳山がおれっちを呼んでいる」もういくしかない。との呼びかけで、雪山初心者の○が急遽お願いして連れていってもらうことにした。足手まといになるのを覚悟で雪山を歩いてみよう。御前山からは富士山がすばらしい。
 日時:2005年1月22日(土) 日帰り 
 山名:御前山(標高1405m)
 参加者:ヒロさん、○(2名)


御前山山頂手前からの富士山 左側は御正体山右側は三つ峠山

登り 奥多摩湖→大ブナ尾根→御前山

下り クロノ尾山→中尾根→神戸園
御前山MAP

 登りは大ブナ尾根を登り、下りは鋸山から奥多摩駅に出る予定だったが、雪の量が想像以上で重く、行程に時間がかかったので、途中ですれ違ったパーティが登ってきた踏み跡をたどって中尾根を下る。途中、1時間ばかしアルバイトを楽しんだので暗くなってしまった。


奥多摩湖 8:10 標高580m

 立川発6:39に乗車。色彩号編成電車の中からご来光を拝み、朝食。奥多摩駅発7:50のバスにダッシュして奥多摩湖へ。バスから降りるとそこは一面の銀世界、、、ではあったが、想像していたより寒くはなかった。さすがにダムを横切る風は耳がちぎれるほどだったが、それも少しの間。まもなく登山口へ。いきなり「アイゼンを履いて登るぞ」の指示に、緊張しながらアイゼンを履く。
いきなりの急登

 大ブナ尾根はいきなりの急登。アイゼンは小気味よく、ザクザクと刺さってくれるので、何の不安もない。ただ、○のアイゼンは自宅で調整したつもりだったが、登山靴にフィットしてなくて、途中で調整やり直し。迷惑をかけてしまった。これが、本番だったらお目玉を食らってました。
 登山道には数人の踏み跡がある。
 
振り向けば奥多摩の山々が 10:00 標高800m

 
所々で視界が開ける。振り向けば、七ツ石山(1,757m)、鷹ノ巣山(1,727m)などが見え始める。少しずつ雪が深くなる。
サス沢山 10:30 標高940m

 
小ピーク。ほんの少しだけ緩やかになり、ルンルン気分で進む。1本のトレースをたどり軽快に進む。
急登にかかる 11:00 標高1,100m付近

 大ブナ尾根の急登第1弾。雪は深くなるし、傾斜も急になるのでピッチが上がらなくなる。あ、ヒロさんのピッケルを○が借りてしまったので、ヒロさんは雪山では使いにくいピッケルで登る事になったのです。すみませんでした。
一岩超えても、、、

 岩の上を大きく迂回するときなどはちょっと緊張感が走る。岩の芸術(どこがぁ?)にニンマリしながら、奥多摩湖を見下ろすこともできる。冬は見通しが良くて最高!
雪のある風景

 
天気も最高、景色も最高、、、♪は〜れた空〜、そ〜よぐ風♪、、、あ、違うか・・、(^_^;)

 単独行の人が「こんなに雪があるとは思いませんでした。どうしようかな」と悩んでいる。結局、この人はここから戻っていったようだ。
積雪60cm  11:30 標高1,200m付近

 急登第2弾が迫ってきた。♪この坂を越えたなら〜、幸せが待っている〜♪、、と気合いを入れて登る。ズルズルと後退するところや、太ももまで潜る雪(足が短いもんで・・)に悩まされながら苦闘を続ける。
 おぉ、見事な奥多摩湖。イイネェ。これだよコレ!
ヤタ、平らなところだ  11:40

 息が上がって、何度も立ち止まりながら、やっとの思いで平坦地に出る。はぁはぁ、ゼイゼイ。しっかしまぁ、雪山って大変ですねぇ。夏山より数倍委体力がいりますね。一歩一歩進むのがきついです。休憩をとろうと荷物を置いたら、すぐ先が惣岳山だとわかり、先まで行くことにする。
惣岳山 11:42 標高1,341m

 二人連れが休憩している。もう山頂はあきらめてここから引き返すという。もったいないねぇ。単独行の人が降りてきたのでしばし会話。「踏み跡は私だけですよ。山頂まで雪はこんな感じ」フムフム了解。
 月夜見から小河内峠(長谷川恒男カップ72q24時間耐久レースのコース)がここだ。踏み跡はない。ここを駆け上ってくるのか、、、、苦しそうだな。

奥多摩連山パノラマ  東京の最高峰雲取山(2,017m)は見えない。七ツ石山、鷹ノ巣山

富士山  12:30

 山頂手前にある展望台。「おぉ、富士山ダァ」。どこから見てもカッコイイ富士山。時間的に霞んでいるので、これ以上を望むのはしょうがない。くっきりとした富士山を見たければ夜間登山しかないだろう。まぁまぁの展望だ。
 そういえば、今日は中河原・関戸橋からのダイヤモンド富士だ。この調子だとばっちり見えるかな。
とりあえず、証拠写真

 小さな富士山をバックに、真面目男二人の記念撮影。ジャケットがやけに目立つが・・。

僕らの前に道はない、僕らの後に道はできる

 
これまでは先行者のトレースをたどってきたが、この先には踏み跡が全くない。そうさ、御前山の山頂に到着です。
御前山山頂 12:55 標高1405m

 山頂からの展望は北側に少しあるが、南側はほとんどダメ。富士山は先ほどの手前の展望台で見てきたからいいや。ベンチの雪を払ってとりあえずお湯を沸かす。暖かい飲み物を作りましょう。風もなく穏やかな天気。雪山の山頂とは思えない。
山頂での記念撮影

 
一応、証拠を残しておきましょうね。
 携帯電話は圏外を表示しています。残念、誰かに伝えたかったのに。(^_^;)

下山開始  13:23

 
ここから先は踏み跡もない。どうするか検討の結果、御前山避難小屋まで行ってみて、雪の状況を確かめようということにする。踏み跡がないので、ズボズボ雪に足を取られ、下りといえどもピッチは一向に上がらない。
 13:40、避難小屋分岐。この下山ルートは降りたことがないのでやっぱりパスして、大ダワまで行こうということにする。
クロノ尾山 14:25

 
このルートで初めてのパーティとすれ違う。聞くと中尾根を登ってきたとのこと。これから御前山経由で降りると暗くなるよ、心配する。夏道なら20分くらいのところを3倍くらいかかっている。いやぁ、雪道は疲れますね。ベンチが雪で埋まっている。
 先ほどのパーティの踏み跡を頼りに、中尾根を下る事を決意。最初の内はルンルンだったが、どこかの尾根でルートミス。1時間くらいアルバイト。16:45 日が暮れる。
神戸園付近 17:55 標高420m

 どっぷりと日が暮れる。ヘッドライトを頼りに黙々と降り続ける。アイゼンを外し、杉林を抜け、神戸園あたりの道にボンと飛び出る。道路が凍結していて、ヒロさんが転ぶ。バス停もない。最悪五日市まで3時間の歩きか?自宅に電話して、ネットでバス時刻を検索させる。親切なおばちゃんが、バス停を教えてくれたので歩く。時刻表を見ると、19:01だって。あれ〜、、、45分待ち。田舎だなぁ。バス停で残りのお湯を沸かし時間つぶし。ヨシさんに電話するも新年会だと。ガク!
 五日市駅に着く。今度は電車が35分待ち。飲み屋さんも既に閉店。寒空に男二人。風呂も入れず、汗が冷たい。寒い。電車の中は天国だった。ヒロさん、ありがとうございました。