姫木平で雪遊びを体験しよう。
 日時:2005年1月10日(月)[成人の日] 
 場所:姫木平・美しの森
 保守員:Peiさん、◎

正しい「かんじき」の履き方

 前後を間違わないようにかんじきに足を乗せ、両脇の紐をまずは甲の上で交差させる。交差させた紐をカカトのコバに引っかけた後方の紐に通し、再び甲の上で交差して結ぶ。たったこれだけ。どうです?簡単でしょ。でもスノーブーツにかんじきはちょっと時代錯誤ですねぇ。
 では、ちょっくら散策に出かけましょう。
八王子青少年自然の家

 立派な施設。八王子市もお金持ちなんですねぇ。八王子市の人は大いにt利用しましょう。この施設の駐車場に車を止めて、ぐるっと1周してみましょう。予定走行距離は2.7kmです。いきなり、踏み跡もない雪の世界になだれ込む。
道迷い

 標識を見つける。「3:急坂」と書いてある。暫く行くと、「5:***」、、、その後は標識がない。赤ボロはあるが、どうやら境界を示す赤ボロのようで、コースを完全に見失ってしまった。
 もう、暗くなりそうだし、今日は戻ろう。あ、さっきの標識だ。
 一気に下山。
あ〜「超気持ちいぃ」

 まっさらな雪の上に、どてっと倒れ込んで、青空を見てみると、自然の呼吸を感じることができる。
 間違っても、前向きに倒れ込まないように。行き倒れと思われてしまうから。(笑)
今日はおしまい

 「やすらぎの湯」でゆっくりと暖まろう。昨日の「りんどうの湯」は最悪だったのでもう2度と利用する事はないだろう。ここは、サウナ、打たせ湯、露天ありで500円とリーズナブル。
 では、今日は心ゆくまで「一どん」を飲むど!でも二人で1.8L飲みきれるかなぁ?心配。いや、別に飲んでしまわなくても・・・・・。(^_^;)



リベンジ

 翌日、今日も快晴。すばらしい天気だ。昨日のコースを逆行してみよう。
 標高が低いところ、すなわち小川のせせらぎが流れているところから歩いてみよう。ここも、誰も歩いた形跡はない。昨日、ちょっとだけ歩いた人がいそうだ。
小川を渡る

 橋の板がところどころ腐って外れている。足を突っ込んだらそのまま川の中だ。こんなときはスノーシューは落ちずに引っかかるから便利だ。
小川を散歩

 もしかしたら、イワナがいるのかも。釣っていいとはイワナいよ。
雪の世界はいいねぇ

 真っ白な世界は心も現れるようだ。しんちゃんのブリブリ〜オケツみたいな岩がある。
ズンズンと下る

 
地図によれば、とっくに登らないといけないんだけどな。延々と小川に沿って下ってばかりいるよ。景色がいいからいいことにしよう。
あっちゃぁ、車道に出ちゃった。

 国道152号に出ちゃった。あれ?どこで道間違えたんだろう?やっぱし、あの大きな岩の所か?今日もミスコース、がっくり!足がなくなっちゃうよ。え?元々ないだろうって?そんなぁ。
ちょっと戻る

 ミスコースしたと思われるところまで引き返し、急登を駆け上る。一気に高度が上がる。息も上がる。先頭はラッセルしているから数倍も疲れるんだと。頑張ってねぇ。最後尾からついていくから。
足跡
 
 動物の足跡が、縦横に続いている。すぐ近くで鹿がないている。ウサギの足跡もある。青空も見えて心ウキウキ。でもそろそろ2時間半ですね。休憩しましょうよ。
結構疲れた

 八王子少年自然の家が見えてきた。わーい、第一村人発見となるかな?人が妙に恋しくなっている。
ツララ

 八王子少年自然の家の裏側はキャンプ場になっているのだろうか?BBQの設備とかがある。今は使われていないのででっかいツララが下がっている。このツララで焼酎をロックで飲むと旨そうだな。でも、今日は車運転して帰らないといけないので飲むわけにはいかない。うう、カナシイ!

 さぁ、次回はどこを散策しましょうかね、、、、、、。お疲れ!