○サービスコーポレーションは、有償保守契約をしていただいたお客様の物件には定期保守を行います。この日は昨年の定期保守で発見していた「蜂の巣」を駆除する予定です。にわか「蜂の巣バスターズ」が活躍します。
 日時:2005年1月9日(日) 
 場所:ヒ・ミ・ツ(標高1300m)
 保守員:用務員のおじさん、○

蜂の巣はココダ

 昨年9月に見つけた時には、スズメバチがブンブン飛び回っていたので、そそくさと逃げ帰った。今の季節になれば蜂は全くいないので、堂々と近づく事ができる。普通の家庭ならそんな悠長なことは言ってられないですね。地上約7mの距離、さてどうやって駆除しようか、思案橋ブルース。2階の窓から突っつくのが一番早い。
アイデア倒れ賞?

 屋根に登って巣の根元を切るのが確実だが雪が積もっているので怖い。剪定ばさみのロープを輪にして巣の根元に引っかけるのはどうだ?なかなかうまく行かないが、何度もやっているうちに「できたっ!」後は首を締める要領で・・・グイグイ。
それっ!

 下では、ビニール袋を広げてスタンバイ。「もうちょっと手前、ハイそこ」「行くよぉ、1,2の3、それっ」。ズボッ、、、ナイスキャッチ。
 おぉ、原型率70%、お見事。これで蜂の巣の構造を研究しよう。
 
すっきり

 蜂の巣があったという印だけ残しておく。蜂の習性で同じところには巣は作らないというから、本当にそうか実証するため。
 お陰様で、見違えるようにきれいになりました。(^^ゞ


おまけ

定期メンテ

 床下の配管が凍土で持ち上げられ、接合部が外れている。ガチガチの凍土を削って配管やり直し。でも、また持ち上がるだろうな。
 続いて、ランプ交換。3m以上の高さだから交換も大変。用務員のおじさんはこういうの得意。(^^ゞ
ご近所

 最近テレビで放映されて急に有名になった「利休庵」。10cm以上もあるかき揚げが乗っている丼が異常人気。
 蓼科山に雲がかかっている。