日本列島を寒気団が覆い、大雪情報が出るが、せっかくの3連休なので雪遊びにいそしむ。今回は、スノーシューに慣れるのが目標なので、安全なコースを歩いてみる。
 すばらしい天気に恵まれ、山頂からは文字通りの360度展望。八ヶ岳にはM君が今年も入山している。
 日時:2005年1月9日(土) 
 山名:車山(標高1,920m)
 参加者:◎

車山から八ヶ岳

 
八ヶ岳には雲がかかっているが、時折主峰赤岳が顔を見せる。行者小屋のキャンプ場ではM君が後輩をいびりながら飲んだくれているんだろうな。かわいそうな後輩だな。ま、明日は極寒の中を山頂まで行く楽しさがあるからいいね。
コロボックルヒュッテ

 
店は閉鎖中。駐車場にも雪が積もっている。駐車場に車をつっこみ、ここから山頂を目指す。ほとんど歩かれていない道なので新鮮な気持ちで歩ける。
純白

 
真っ白な雪(パウダースノーとは言わないが)に身も心も真っ白。最高に気持ちがいい。
車山山頂ドーム

 車山の象徴ともなってきたドーム。富士山から持ってきたのではありませんのでお間違いのないよう。
車山山頂

 
さすがに山頂は風が冷たい。遙か西の方には北アルプス(穂高、槍ヶ岳)も見えている。
山頂の祠

 
祠も凍てついて寒そう。後方には蓼科山が雄志を誇っている。
山頂

 
写真撮りマース。
山頂

 
写真撮りマース。
八ヶ岳と富士山

 
八ヶ岳の右側に富士山が見える。富士山は真っ白でないのはなぜ?
雪の芸術

 
樹氷もどき。すばらしい自然の造形美。
風紋

 
風紋の先は南アルプス。一人ポツンと歩いている先には美ヶ原が見えている。
八島湿原

 
霧ヶ峰代表する観光名所。
車山と蓼科山

 
コロボックルヒュッテから見るとこういう角度になる。やっぱり車山の山頂ドームが目立つ。
  浅間山

 
噴煙が刻一刻と変わっている。すわ、噴火か?と目を懲らすが、単なる風のいたずらのよう。
試し履き終わり

 
何の違和感もなくスノーシューを履いて歩くことができました。これから、あちこちを歩くのも楽しみにです。いえ〜い!


おまけ1
夕暮れ

 
ビーナスライン(車山)で日の入り時刻。16時半には日が沈むと読んで、雪の中に長靴で入る。が、なかなか日は沈まない。蓼科山が赤く染まっていく。
赤岳と南アルプス

 
赤岳も見事に染まる。北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳の南アルプスもくっきりときれい。
車山からの夕日

 
左は木曽駒ヶ岳、右は御嶽山。寒さに震えながら自然のドラマを堪能する。

おまけ2

白樺に「一どん」

 
白樺もすっかり葉っぱを落とし、寂しいばかり。そこで「一どん」の出番。すっかり溶け込んでいますね。今晩、飲んじゃいましょう!
昨日の雪で

 
愛車も雪で下回りを洗車しました。(^^ゞ
 途中で見た浅間山も山頂付近が雲がかかっていた。