富士登山といっても基本的には普通の登山と同じ。しかし、強風、防寒対策など日本一の山ならではの注意点もある。身軽に、かつ過不足のない準備をすにはどうしたいいだろうか。あったら便利というグッズも合わせて紹介する。

コピー・転載不可

服 装 編

   服装は重ね着が基本。登頂のカギはにあり。

以下に推奨グッズをあげますが、各自の予算、今後の使用頻度等を考慮して、なるべく良い物をお選び下さい。
(凡例) ■赤:必須  ■青:好みで

■下着
 
夏期登山では、クールマックスなどの吸湿速乾性の高い素材を利用したもの。また、冬期は乾きやすさと保温性をもつサーマスタットなどの素材を採用したものが快適です。体にフィットしないと効果が半減するのでピッタリしたものがポイント。男性用の限れば、最近はブリーフだけでなく、ボクサーブリーフやトランクスも出ており、おしゃれに着こなせる。代えも1枚準備しよう。
■Tシャツ
 
重ね着の一番下は、Tシャツで決まり。もちろん、速乾性素材(ダクロンやクールマックス)のTシャツが着心地がよい。汗をかいても着たままで乾く優れもの。肌に直接ふれることの多いアイテムなだけに、肌触りの良さや肌離れも重要なポイント。あとは好みの柄や色を楽しもう
■シャツ

 
昔はウールが主流だったが、今は素材も速乾性の物から、コットンを混紡した物と様々。シーズンや山行範囲で素材を使い分けるのがポイント。夏はやはりダクロンかクールマックスがお奨め。
 
■ベスト

  好みでどうぞ。撥水性に優れ、透湿性も兼ね備えたドライ仕様が出てきた。背中はメッシュで通気性に優れ、携帯電話やサングラスを入れるのに便利なポケットを装備している。肩の部分を補強すると思い物を持っても肩が痛くならない。

■パンツ(ズボン)

 なんといっても、ポイントはヒザの運動が楽な構造であること。近年ストレッチ性がますます良くなり縦横にもストレッチ性能が向上している。製品によっては、ストレッチ方向がシングルのもあるが、ダブル(双方向)がベストチョイス。なお、昔ながらのニッカズボンでもOK。

 なお、現代人は「パンツ」と呼ぼう。昔の人はパンツというと下着を連想するらしいが若者は、ズボンを連想する。
■フリース

 山小屋でゆっくりくつろいでいると寒くなる。また氷点下近くまで下がる気温に対応するため、中間着としてフリース(セータも可)が必要。最近はフリースにゴアテックスを合わせた商品(ウィンドストッパーなど)が出ており、更にソフトな着心地の新製品も出たなのでこれから買う人には朗報だ。ちょっと高いけど。(^◇^;)

■コンディショニングウェア

 激しい筋肉の動きを外側から強烈にサポートしてくれる。クールマックス素材を使っているので汗はそのまま外に出る。タイツ替わりに重宝するがちと高い。ワコールのCWXがお勧め。

 このコンディショニングウェアはハイキングやランニングなどにも履けます。

■帽子

 
帽子の果たす役割は、大きい。夏は、日よけになるし、ちょっとした雨なら雨よけにも利用でき冬は、防寒用としても役立つ。 その中で自分の活動範囲と時季を考慮して使い分ける事がポイント。日差しが強烈な富士山では必需品。風で飛ばされるので必ず帽子止め(帽子とシャツをつなぐもの)をつけること 。
 


■グローブ

 
防寒用と、岩場歩きに用にグローブ(軍手で可)は必需品。高価になるがゴアテックスやフリース素材もある。 夏のレイングローブやインナーグローブ、厳冬期のオーバーグローブなど多種多様あると便利な物から山の必需品まで。時季や山行スタイルに合わせて考えて持っていくのがポイント。
■登山靴

 
登山専門店で自分の足に合う靴を選ぶ。30分ぐらいは店内で履いてみて、どこも痛くないことを確かめること。防水性(ゴアテックス)がよい。まずは軽登山靴でよい。ずっと山を続けるのであれば、本格的な革製を思い切って購入しよう。

 富士山で履くと痛みが早いので、富士山でだけは履かないというベテランもいる。
■ソックス

 
マメや靴ずれが出来にくい厚手のもの。靴が固い革靴などは二重にして履く。最近はソックスも速乾性の製品が出てきたが、そこまでこだわる必要もないだろう。

 インナーは5本指が快適。

■スパッツ

 
砂走りを下るときにこれを着用すると、砂が靴に入り込まないので便利。ショートスパッツとロングスパッツがあるが、買うならロングスパッツがお勧め。暑いときはゴアテックスのスパッツがよい。使い方しだいで砂利、雨や泥・雪などの靴への進入やパンツ裾の汚れを防いでくれる。

持 ち 物 編

本当に必要な物だけをパッキングしよう

■ザック

 登山用の丈夫な物を用意しよう。デイパックはお奨めできない。大きさはいろいろあるが、1泊2日程度の山行であれば、25〜40リットルもあれば充分。大きければ沢山入るが、荷物の量に比例して重くなるので、体力に合わせて選びたい。大きいザックはザックの自重もそれなりに重くなる。初心者は、総重量10kgに納めたい。ザックには、ウエストベルトとチェストストラップが付いていて、自分の身体にフィットするものがよい。締める順番は、ウエスト→ショルダー→チェスト。
■ザッックカバー

 雨の時にザックにつける防水性のカバー。ザックの大きさに合ったザックカバーを買うこと。よく、ビニール袋をザックにかぶせて代用にしている人がいるが、危険だけでなく、回りにも迷惑をかけるので、絶対に準備して欲しい。
■レインウェア

 天気がよい日でも雨具は必携。山の天気は急に変わる。防水性が高く、加えて防寒着としても流用できるレインウェアを選ぼう。高価だが透湿性素材(ゴアテックスなど)の物がベスト。重量も重視しよう。ただし、重量が軽くなればなる程耐久性は、損なわれるので注意したい。自分の山行スタイルで軽い物が良いのか、丈夫な物が良いのか判断したい。
■ヘッドランプ

 懐中電灯よりよりも両手が自由に使えるヘッドランプがよい。単3乾電池4本の物は電池が長持ちするが重くて頭に負担がかかる。新しく購入するなら発光ダイオードの新製品がお勧め。



■ストック、ステッキ

 登りで足の負担を軽くしたり、砂走りで転倒するのを防ぐアイテム。足への負担を3割減らすのではないかという研究成果もある。伸縮式でスプリングが付いている物がベスト。ストック(左)とステッキ(右)があり、違いは持ち方。好みで選べばよい。ヒザが気になる人はダブルストックがより効果有り。

■ひざかんたん

 ひざに不安のある人にお勧め。
 別に、これでなくてもヒザをサポートするグッズがあれば長い下りでも力強い。
■水筒・ペットボトル

 水筒をわざわざ購入しなくても、ペットボトルで充分。登山中も山小屋で購入できる(下界の3倍位するが)ので、500ミリリットルを2本くらいでいいだろう。中身は、1本がウーロン茶か緑茶、もう1本は水にしておく。水はスポーツ飲料を溶かして飲むことも出来る。

 写真は、軽量プラティパス(容器のみ)。
■バンダナ

 汗拭きだけでなく、寒いときにはマフラー代わり、砂走りではマスク、けがをしたら三角巾代わりになるので重宝する。

 (もしかしたら、幹事が準備するので購入しないで!)
■行動食・非常食

 行動中に食べて、疲労回復をはかる。歩きながら食べる、または休憩中に食べられる物を選ぼう。ゼリー飲料、チーズ、チョコレート、飴、梅星、レモン、カロリーメイト、など。

■サプリメント

 必須アミノ酸を直接補給する。筋肉痛予防、疲労回復にアミノバイタルは幹事お奨めの逸品。ゼリー、ボトルなど多様。できれば「PRO」がベスト

■酸素

 高山病で苦しくなれば、酸素をすうと楽になる(らしい?)。残念ながら筆者は酸素を摺ったことがないので、その効果のほどはわからない。値段も高価?

■アイマスク、耳栓

 ちょっと神経質で眠れない人はアイマスク、耳栓が役に立つ。山小屋は雑音だらけ。お奨めの一品。

■水溶性ティッシュ

 従来のティッシュペーパーは、水に溶けませんでした。だから使用に制限がありましたが、水溶性ティッシュは、水で自然分解する環境重視型ティッシュなのだ。トイレなどにも使用できる。環境に優しくなろう。

■ポケットカイロ

 山頂付近でじっとしていると、震えが来る。寒さに自信がない人には必需品。

■マスク

 下山時の砂埃は相当なもの。バンダナ、タオルでも代用できるが、専用にマスクがあれば完璧。

■日焼け止め

 
富士山のような高山では薄曇りでも紫外線が透過して、想像以上に日焼けする。強い紫外線からお肌をしっかり守る。汗や水に強く、砂がつきにくいウォーター&サンドプルーフ
。保湿成分や抗酸化成分の働きで、紫外線のダメージからトータルに肌を守る。肌を大切にしたい向きには必需品。

■携帯トイレ

 富士山の各山小屋にはトイレがあります。下山道には1カ所だけトイレがあります。山頂の有料トイレは長蛇の列です。万一に備えたい人の必需品。

 バス(移動時の車)の中で、渋滞にはまったときも安心。

登山スタイル



JUMP

富士山ガイドメイン

富士山の基礎

富士山に登る

富士登山用具

富士山の小屋

富士山お鉢巡り

バーチャル登山

お楽しみ

Copyright(C) Maru corp.