フルマラソンに挑戦するには、まずはフルを歩いてみること。これまでフルの距離実績は「秩父七峰」しかない。友人U君が住む入間でこのような企画があること新聞で知り、さっそく参加してみる。当日参加OKという気軽な企画である。まだ4回目という事で知名度はいまいちなのかもしれない。小春日和の中フルを歩くとどうなるかを実証する。
 日時:2004年11月23日(火) [勤労感謝の日] 晴  
 参加者:◎

コース

 入間市・黒須運動公園を出発し、狭山・川越にまたがる入間川サイクリングロードを往復する42.195kmのコース。ほぼ平坦な道路なので楽勝と思われるが、ところがどっこい!
 コースは「ファミリーコース」(12km)、「エンジョイコース」(22km)、「チャレンジコース」(30km)、チャンピオンコース(42.195km)の3コースがある。 
受付  時刻6:57

 チャンピオンコースの受付は7:00まで。入間市駅から集合地点の黒須運動公園に着く間に日の出を迎える。当日受付をするのは後方の人を含めて3名。チャンピオンコースの参加者は、なんと総勢17名。参加費はたったの300円。赤字だろうな。ちょっと寂しい。では、記念撮影しましょう。ちなみにU君は不参加。
スタート
距離0km 時刻7:33(通算0:00)

 全員でストレッチ。朝方は寒い。いや入間が寒い。ストレッチしても暖まらない。
 注意事項を聞いて、予定より3分遅れの7:33に元気よくスタート。16時までには帰ってきてくださいね、それまでは待っていますので。まぁ、楽勝でしょうね!(さて、そううまくいくか?)
入間川を下流へ
距離2km  時刻8:05(通算0:32)

 ちょっと身体が温まってきた。地元の参加者(大分・日田出身の方)と会話しながらいいペースで歩く。この方は四国88カ所を1回で完歩されたとのこと。少しペースをあげて歩かないと危ないよ、とアドバイスされる。
6kmCP
    時刻8:38(通算1:05)

 係員の朝早くから大変ですね。1時間強で6kmだからまずまずのペース。このペースだと7時間もあればゴールできるかもしれない。どっかでゆっくり昼食もできるかもね。
川越市に入る
     時刻8:50(通算1:17)

 入間市から狭山市、更には川越市に入って来る。西武文理の中学・高校が河原にある。スポーツが盛んな学校だ。
安比奈運動公園
      時刻8:55

 河川の広大な敷地には運動公園が広がる。お昼ともなれば多くの市民が遊びに来る場所。
的場運動公園
      時刻9:00(通算1:27)

 一面芝生に覆われた公園。家族連れでにぎわいそうだ。バーベキューなんかも楽しそうだ。
海まで60km
     時刻9:22(通算1:49)

 気温がぐーんと上がってくる。上着を脱いで、中間着を脱いで。
 腹も減ってきたな。歩きながらおにぎりを頬張る。後続は2人だけかな?
10km  時刻9:28(通算1:55)

 関越自動車道をくぐるとやっと10km。まだ半分も歩いていない。長いなぁ。もう疲れてきたなぁ・・・・。
11kmCP  時刻9:33(通算2:00)

 エンジョイコースの折り返し地点。そろそろ歩くペースを安定させる頃。この5kmを時速5km強で来ている。まぁこのペースが維持できればいいんじゃない?
初雁橋を渡る
        時刻9:49(通算2:16)

 初雁橋の信号を横断し、橋を渡って今度は対岸を歩くことになる。水源から62.5kmの表示。
川越初雁ボーイズ
       時刻10:13(通算2:40)

 雁見橋を横断すると、硬式の球音が聞こえてくる。リトルで有名なチームはここで練習していたのか。着替えたバッグがきちっと整列しておかれ、しつけもちゃんとしていそうだ。専用グランドがあるなんてうらやましい。
15kmCP
       時刻10:17(通算2:44)

 チャレンジコースの折り返し地点。そういえば、スタートの時に「15km地点を10:30までに通過できないと失格です」と言われたことを思い出す。15kmは3時間だったんだ。あと13分しかなかった。アブねぇ、アブねぇ。
海まで51km
       時刻11:15(通算3:42)

 ススキの中を進む。16km、18km、20kmの表示があったが、写真撮るのを忘れた。もう疲れが出てきたのかな?ラジオを聞きながらのんびりと歩いていたら・・・。
折り返し 21.0975km
      時刻11:23(通算3:50)

 チャンピオンコースの折り返し。やっと半分だ。後ろから数えて3番目だという。立ったままおにぎりを食べて、水を1杯飲んですぐに出発。先頭は20分ぐらい前にすれ違った。
 さぁ、いよいよ後半へ!



24.195km(あと18km)
      時刻12:02(通算4:29)

 折り返しから約10分で、相棒に異変が起きる。足にマメができて、つぶれたようだ。足を引きずり始めた。ディクトンはたっぷり塗ってあるはずだが、どうしたんだろう。靴は履き慣れているはずだし。靴ひもを緩める。向こうからは、ジョギング軍団。
26.195km(あと16km)
      時刻12:25(通算4:52)

 いつもは、バンドエイドがザックの中にあるはずなので、腰を下ろし捜してみるが、今日に限って忘れてきたようだ。次のチェックポイントまで頑張れば、きっとバンドエイドがあるはずだからガンバレ、と励ましながら歩く。
27.195km(あと15km)
      時刻12:42(通算5:09)

 「すみません、バンドエイドありますか?」と飛び込む。が、無惨にも期待は裏切られ「ないです」。ガックリと肩を落とし、歩き始めると、次のCPに連絡を取ってくれて、次のCPに準備してくれるという。どうもありがとうございます。あと4km歩けば楽になれるぞ。
黙々と
       時刻13:41(通算6:08)

 初雁ボーイズの練習場でトイレを借りて、小休止。おにぎりとバナナを口に入れ、靴紐を締め直す。右足をかばって歩いているので、今度は左足にもマメができたらしい。雁見橋、川越橋、東武東上線、川越線をくぐり、初雁橋へ
31.195km(あと11km)
       時刻13:46(通算6:13)

 CPに近づくと、既にバンドエイドが準備してある。椅子に座って、足を出して見ると、マメがつぶれて皮が剥けている。う、痛そう!バンドエイドを何枚も貼る。どうもありがとうございます。万一に備え、救護車の電話番号を教えてもらう。
狭山市に入る
       時刻14:48(通算7:15)

 だだっ広い、的場運動公園、安比奈運動を時間をかけて抜ける。足が棒のようになっていて踏ん張りが効かない。休憩しようかと聞くも、休むと歩き始めが辛いから、もう休まないとの返事。疲労がピークに達しているのかも。
36.195km(あと6km)
      時刻14:56(通算7:23)

 やっぱり、相当ペースダウンしている。この5kmに1時間10分を要している。16時までにゴールできるかどうか自信がなくなる。この後、係員が自転車で伴走してくれ、勇気づけてくれる。本人も先週下見で30km歩いたとのこと。入間川にはカモが夕焼けに遊んでいる。
ゴール(42.195km)
      時刻16:09(通算8:36)

 昭代橋、新富士見橋で最後かと思ったら本富士見橋が残っていた。最後の豊水橋を渡っている時に、約束の16時を過ぎてしまった。係員が携帯で連絡してくれたので、後片づけせずに待ってくれているという。6分遅れのゴール。拍手で。
夕日と共に
    
 係員が全員で拍手をしてくれる中感動のゴール。涙を禁じ得なかった。後続も一人だけがすぐにゴール。一人はリタイアとのこと。でっかい太陽が西に沈み、後片づけが黙々と。結局、全コースで112名の参加者だったとのこと。もっと盛り上がることを祈念しつつ、痛い足を引きずって入間市駅に向かう。どうもありがとう!
(完歩記)
    
 たかが42.195kmを歩くだけだと気楽に参加したが、ものすごくハードだった。足だけでなく、身体のあちこちに痛みが来る。どうやら訓練不足の所に来るようだ。歩くより、むしろジョギング程度で走った方が楽かもしれない。いずれにしても、まだまだ鍛錬が必要だ。特に、足の裏に関しては、普段登山靴を履いていて恩恵を授かっているのだろうか?相棒は、筋肉痛とマメ後遺症で3日間運動をさぼっている。