今回の東北山旅ツアーのメインイベント(と期待している人がいる)である。昨年まで一部の登山ルートに限定されていたが、今年から全部の登山ルートが解禁となった。ラッキーにも車が2台あるので解禁となった登山ルートを歩くことができる。天気も最高だった(下界は??)し、コマクサの大群を飽きるほど見ることができるか?
「南部富士」「南部片富士」をこの目で確かめてみよう。
●日時:2004.08.03
●場所:岩手山(標高2,038m) 標高差1,258m 歩程9時間
●参加者:ヒロさん、Peiさん、TAMAさん、えいちゃん、ツチさん、◎

  岩手山MAP

最もポピュラーな「柳沢コース」から登り、昨年まで登山禁止となっていた網張コースに抜ける。鬼ヶ城の尾根歩きか、大地獄谷お花畑コースは各人の意志によるオプションとする。花と、火山と、稜線歩きと様々な楽しみがある。
柳沢コース登山口  標高630m 4:30

今日もロングコース。3時起床。4時出発。登山口の駐車場は厚いガスに覆われている。見知らぬ登山者が「今日は登山できますかね?」とヒロさんに聞いている。そんなもん、分かるか。自分で判断しろ。最初から暗雲が立ちこめている。
トイレ

登山口とキャンプ場の2カ所に清潔なトイレがある。馬返しキャンプ場は斜面にあり、テントはどう張っても平坦にはならないような気がする。当初はここでキャンプをしようと思ったが、網張温泉にしてよかったぁと胸をなでおろす。
本当の登山口   4:50

キャンプ場を過ぎれば、本当の登山口。ここで登山届けを提出。注意事項が沢山書いてある看板をしっかりと読む。さすがに昨年まで登山禁止となっていたコースが多いだけに、火山に関する注意事項が多い。
岩手山案内図

岩手山は1998年から始まった火山活動で全面登山禁止となっていたが、2001年に東側ルートのみが解禁された。大地獄谷を中心とする西側は依然として登山禁止だったが、今年(2004年)に全面解禁となった。が、いつ火山岩が飛んでくる爆発が起こるか分からないので十分注意するように。何があっても「自己責任」ですよ。はい!
  1合目   標高910m 頂上まで4.070m 5:48

朝はとっくに来ているのに、夜が明けた気がしない。それほどガスの中であたりは真っ暗。風がないので蒸し暑い。天気予報は全国的に曇りと告げている。急登をあえぎながら重苦しく登る。
  豆腐岩    標高930m   5:55

岩の形が豆腐に似ているので。でも、レンズが汚れていいるのかガスのためか、さっぱり分かりませんね。失礼!
  2.5合目   6:09

あれ?2合目の標識に気がつかなかった。なんで2.5合目何だろう?<田町には2.5合という飲み屋さんがあるが>升〃繁盛という縁起の良い数字だからか?ことだろう。
実はここで旧道と新道に分かれている。旧道はガレ場、新道は林間となっている。どうせ景色も期待できないので、新道を進む。
3合目    6:24

相変わらず急登は続く。汗だくになって黙々と登るだけ。このつらさが嫌なんだけどな。
4合目 標高1,200mくらい 6:35

1本。なんだかちょっぴり明るくなってきたような気がする。お腹がすいたのでここで朝食。おにぎりとパンをかじって体力をつける。それにしても単調な登りには少々うんざりしてくる。まだまだ続くんだろうか。旧道に行く道もある。
5合目  標高1,400mくらい 7:07

なんだかガスが晴れてきた。明るくなってきた。やったぞ。今日も雲の上は晴れていそうだ。期待に胸がふくらむ。少しづつ高山植物らしきもんが姿を現し始める。
 岩手山の花(1)

ハハコヨモギ

ホトトギス

タムラソウ

ハバヤマボクチ

ハハコヨモギ

マイズルソウ

ヨツバヒヨドリ

クルマユリ

ヨツバヒヨドリ



岩手山(2)を読む