昨年から急に脚光を浴びてきた「羊山公園」。今年は更に12万株を増殖して合計12万5千株旧にパワーアップ。まだ幼木とはいえ、相当なスケールになってきているのは間違いない。5月の連休まで楽しむことが出来るそうだ。
●日時:2004.4.17
●場所:秩父(西武線横瀬駅から徒歩10分)
●参加者:◎

西武横瀬駅

さわやかに晴れ上がった絶好の行楽日和。朝早く(といっても一番早い電車で乗ってきても8:44分着)から駅周辺は準備で大忙し。まだこれからテントを立てようとしている。芝桜のパスネットをゲット。
鯉のぼりもスケールが違うね。

「芝桜の丘」について

左は「芝桜」の群生。この丘は平成12年に植裁が始まり、以降毎年のように増殖を繰り返し(エイリアンのようだね)、現在は24万5千株の規模になっている。まだまだ増殖を続けると思われる。
9種類の芝桜と書いてあるが、全てを見るのは至難の業?
「多摩の流れ」
(Tama-no-Nagare)
白色にピンクの斑(ふ)が入った珍しい品種。

「モスピンク」
(Moss Pink)
代表的な品種
「リトルドット」
(Little dot)
開花時期が遅く、5月にずれ込みそう。

「マクダニエルクッション」
(McDaniel's Cushion)
ピンクだが花が大きい
芝桜の洪水

「わぁ、咲いてる、咲いてる」
こころゆくまで「芝桜」を味わってください。但し、芝桜の中に寝そべったり、タバコを吸ったりしないでください。
写真を撮る角度も考えて

ピンク系とレッド系はかなり咲いているが、リトルドットが遅れているので、白を入れるとどうしても地肌が目立ってしまう。なれべくふわふわの状態に見えるように。
武甲山をバックに

芝桜の丘からちょうど「武甲山」(1,295m)が見える。荒々しい山肌が特徴的だ。
パノラマ

左の方が昨年平成15年秋に植裁された場所。綺麗に咲きそろうのは数年後。


 


一応、羊山公園だからね。主役の座をおりちゃいました。(; ;)ホロホロ
黄桜

ここでも黄桜を発見。正式には「黄桜」という木(花)はないそうだ。無知でごめんなさい。

   ○2

水車

おまけです。