羊山公園で芝桜を堪能したあと、どこか見るところはないか探した。有力候補は長瀞ライン下りであったが、駅にパンフレットが置いてあり、霧藻ヶ峰もいいねぇ、ということで急遽行く場所を変更。雨具もライトも非常食もないし、靴は運動靴のままだが、まぁあなんとかなるさ、という危険な行動にでる。良い子はマネをしちゃいけません。怪我をします。
●日時:2004.4.17
●場所:秩父・霧藻ヶ峰(標高1,523m)
●参加者:◎

お花畑から三峰口へ

西武秩父駅に行ったら、バスはあったが、まだまだ電車で行く距離だと判断。お花畑駅(今でこそ似合う名前)まで移動。1時間に2本しかない電車を待つ。三峰口から大輪行きのバスだが11時台はなし。ここで1時間10分も待たされる。参った。
  とにかく広い秩父路

ちゃんと下調べをしないとこういう悲劇になるという見本です。
大輪

秩父から2時間かけてやっとロープウェイ入口。既に時刻は12時半になってきている。普通の山なら降りてくる時間だ。今から登ろうなんて人は、、、、10人ぐらいいたね。三峰神社までだけど。
新緑

渓谷にかかる橋からは新緑真っ盛りが楽しめる。まさに春爛漫。
ロープウェイ乗り場

30年前位に造り替えられた割には立派なロープウェイ。運行間隔は30分。ここでも30分弱待つことになる。
竜門の滝

ロープウェイの乗り場の脇にある滝。
霧藻号

13時発にやっと乗車。中間点ですれ違う。乗ったゴンドラは雲取号だった。降りるやいなや「次の発車は何時ですか?」と聞いているボケがいた。上と下では発車時刻が違うんですかねぇ。バキッ!!☆
標高差680mを8分で結ぶ。
カタクリ群生地

誰も見向きもしないで通り過ぎる。金網の中にはカタクリが群生している。金網外にも咲いている。安いデジカメでも接写ができる距離だ。天気がいいので花びらが反り返っている。綺麗だ。
三峰神社

改装中です。本館(本堂?)みたいな大きな建物も別にあり、宿泊施設になっているようだ。日帰り温泉も500円で入ることができる。本当は、この温泉が目的だったんだけど時間が押してきたのできっと無理だろう。最終のロープウェイは17時だ。
  案内板

ロープウェイでしか来れないと思っていたら、一般車でも登ってこれる。バスも通っている。なんだぁ、もくろみとえらく違うね。駐車場はバス停にもなっている。最初からバスで来れば良かったかも。
ヤシオ

無事に降りてきたら、名物のいも田楽でも食うか。
登山口

雲取山登山口の標識をやっと見つける。既に13時半を過ぎている。山頂に着けなくても15時になったらとにかく下山開始するという約束で登山開始。コースマップによれば、登りは2時間と書いてある。やっぱ、霧藻ヶ峰は無理かな・・。
走るように登る。はぁはぁ。
着いた

途中休憩はもちろん一度も無し。あえぎながらも15時10分前に霧藻ヶ峰に到着。これで10分間の休憩ができるぞ。
秩父宮のレリーフがある。
霧藻ヶ峰

しばし休憩。ビールグビグビ。さぁ、降りようか。はーい。
  両神山

最近は登る人が減ったんだろうな。