車山からの大展望も魅力ある。駐車場はスキー客でいっぱいだ。この車山は今年の7月ニッコウキスゲ鑑賞で散策しているが、今は雪に埋もれていてとても同じ場所には思えない。では、ちょっくら山頂まで雪の中を散歩してみましょう。
 日時:2003年12月28日(日)  晴  
 山名:車山 標高1,925m
 参加者:TAMAさん、◎

車山MAP

東側は車山スキー場になっていて、スノーシューでも入ってはいけない。スノーシューはスキー場の周りを抜けて、散歩道を歩くことができるが、基本的に道はメンテされておらず、自然のままということである。夏道と同じ所を往復する。
途中の駐車場から

大門街道から車山高原道路に入ってすぐの駐車場に入る。蓼科山が輝いている。雪はしまって申しぶんなし。って、何するんだっけ?
車山肩

ここに車を留めて、山頂まで散歩。夏は有料駐車場になっているところだが、今は営業もしていないし、がらんとしている。車が数台留まっており、スノーシューハイクをしている人がいる。スパッツなしで登り始めたが、どうも膝まで雪がある。一旦車に戻り、スパッツを着けて再出発。
ショートカットもあるが

ロープをまたげばショートカットコースで、踏み跡が幾筋かあるが、自然を愛する我々にはできない行動だ。回り道をしよう。ニッコウキスゲが満開の時に見た角度と同じだが、全く違う風景。
ドームはすぐそこに見えるのに

くるぶしぐらいの雪なら軽快に歩けるのだが、膝上までズボッとはまると、足を抜くのに力がいるので、えらく疲れる。大汗をかきながら全力で登る。鷲ヶ峰よりも何倍もつらい登山訓練?となる。はぁ、苦しいよ〜。
車山気象レーダー観測所

見学者を中に入れてくれるとかのサービスがあればいいのだが、鉄格子で一歩も中には入れない。さすがに山頂付近は風が強く、寒い。
車山山頂  標高1,925m

左の山頂表示は前回来たときにもあっただろうか?記憶にないなぁ。快晴で展望はいいのだが、午後も遅い(そろそろ16時)時間帯なので霞んできている。
↑車山山頂からのパノラマ  左から蓼科山、丸山、天狗岳、硫黄岳、横岳、赤岳、権現岳、編笠山、富士山
(再度)蓼科山と八ヶ岳

八ヶ岳はすっかり冬の装い。私には無理だな。(;.;)
もう一つの山頂表示

ドームの裏側に回ると、もう一つの山頂表示がある。こちらの方が古めかしくて
いいかもしれない。後方には富士山を捕らえているのだが見えるかな?。
美ヶ原

空中に浮かぶ滑走路。奥には美ヶ原。山頂直下までリフトで運んでもらえるスキーヤーは楽でいいなぁ。ボソ。
赤く焼ける蓼科山

白樺湖に降りてきました。3つの天然温泉があるというお風呂に来ましたが、なんと水着での混浴だって。水着のレンタルはないらしい。まさかねぇ、フ○●ンでは、、、、。ということで写真だけ撮って別の温泉に向かいます。
本日のおまけ

車の中に置いていた、ペットボトル。この通りガチガチに凍っている。すさまじい寒気だ。昨日買ったばかりのレタスも別室に置いていたら、朝には凍結している。その点、車は問題なく始動する。変なオイルの音とかしないよ。さすがT社。フロントガラスは当然ガチガチだけどn