東北の山旅(1)世界谷地湿原

 栗駒岳に登る前に、時間があるのでちょっと散歩をしてみよう。
 日時:2003年8月2日(土) 
 山名:世界谷地湿原 標高650m 宮城県
 参加者:◎

ここに掲載している作品は簡易版です。詳細版は個別に問い合わせ下さい。また、植物はサムネイルのみにしました。
  行者の滝

 栗駒山に向かう途中にある小さな滝。これと言って見るべきものでもないが、これから先の道が急に細くなりすれ違うのも困難になるのでちょっとだけ休憩した方がいいだろう。
世界谷地湿原入口

 栗駒山の麓に広がる湿原。第一湿原と第二湿原から成る。どちらかというと第二湿原のほうが花は多いようだ。
第一湿原

 
わずか数人としか出会わない。もう湿原の夏は終わったのか?華やかなニッコウキスゲも種子となると秋の風が吹くのかなぁ。あ〜、7月に夏休みが欲しい。
世界谷地湿原で会った花(1)


  続いて第二湿原へ

 
1周20分弱の湿原だが、ほとんどの人が第一湿原で引き返している。第二湿原のほうが面白いのに。わずか15分で第二湿原に行けます。
第二湿原

 既に紅葉が始まっている。(USO)。
トンボがやたらと目に付く。
世界谷地湿原で会った花(2)

世界谷地温泉

 
「休業中」の看板。写真だけ撮って帰ろうとしたらおもむろに従業員が出てきて「どうぞぉ、今開けますから・・」。ちょっと気持ちが悪かったが、これで独占利用ができるぞ。内風呂と露天がありまぁまぁの設備。但し、従業員は商売っ気は全くなし。数年後には・・・・(;^_^A アセアセ…

露天風呂

 独占状態なので何でもできる。そうそう、Kさんよろしくカメラを持ち込もう。右は女性専用の露天風呂。一人しか入っていないが中に行く勇気はないね。

駒ノ湯キャンプ場

土曜日ということで混雑している。小学生からおばさんまで沢山。これがお祭り騒ぎで大変。テントをファイヤーサークルの脇に張ったもんだから、最後は移動する羽目に。だっって23時頃まで花火もやるんだ明け方2時まで騒いでいる。参った。こちらは3時に起きるのに。