2003年富士山。ほぼ例年通りの残雪状況。来週になれば梅雨入りしてしまうので梅雨入り前の晴れ間にちょっくら山小屋の点検に行こう。親父さんの顔も久しぶりに見ることができると期待して。
 今年から、ゴミはもちろん、トイレの屎尿も全部下に降ろして処理することになった。これで、環境問題の一つはクリアできることになる。利用者には負担増となるかもしれない。いかんせん夏山はオーバユースであり、入山規制も考えてもらわないとね。
 日時:2003年6月8日(土) 富士山7合目「富士一館」まで 
 参加者:5名

河口湖の朝

 恒例となったニューブリッジキャンプ場の朝。昨夜は夕方からヒョウに降られ、集中豪雨に見舞われた。どこかの高校山岳部が隣で食事を作っていた。飯は芯ばかり、カレーは野菜が煮え切らず苦労している。最後は「ライスをコンビニに買いに行こう」あ〜情けない。こいつら夜半まで騒いでいた。教師が3人、生徒が10人ぐらいいたが注意もしなかった。女の子がカマドに乗っかってカレーをかき混ぜるし、マナーも最低。
 雨は夜半に上がったようだ。さわやかな朝。炊けていないご飯がソノママ放置されている。
一合目

 
今年の残雪は平年並み。昨年と違うところは、車が替わったことくらいか?
五合目

 
まだ7時という早さなので、駐車場もガラガラ。売店もまだ開いていない。スッキリと晴れ渡った中に富士山が迫る。
見よ、あそこが山頂だべ

 五合目レストハウスの入口。右の写真のブツは昨年まではなかったような気がする。
五合目

 登山道脇の残雪状況。吹き溜まりにはまだ1m以上の雪が残っている。佐藤小屋までの車道は整備されている。
六合目

 吉田大沢に雪は思ったより少ない。八合目まで完全に雪は溶けている。この分だと、今年の山開き(七月一日)は山頂まで問題ないだろう。(^^)v
山中湖

 霞んでいて見づらいが、三日月型に山中湖が見える。南アルプスや八ヶ岳は全く見えない。
七合目

 岩場に少しだけ雪が残っている。昨年は雪が多くて登山道が埋まっていたので直登した地点だ。今年は余裕、ハイこの通り。
山小屋での作業

 
昨年の小屋閉め時に雨樋をワンタッチ式に交換したという。合わせ工事が必要なために時間がかかってしまう。取り付けも難しい(単に順番が解らなかっただけかも)のだ。小屋の中は冷蔵庫のように冷え切っている。段々寒くなってくる。立ちくらみがする。
芽吹き

 富士山にも遅い春初がやってきます。ヤマザクラが満開。
下山

 今年はブルの道も既に開通している。荷揚げ、ゴミ下げに大活躍してくれることでしょう。
五合目

 降りてきました。山頂はガスで見えません。次期オーナーと永久従業員。