雪山の感触を味わいたくて、山岳部OBの山行に参加させていただいた。中央線沿線でも富士の絶景を楽しめる山として知られている滝子山(たきごやま)に挑戦する。新雪を踏んで登りついた滝子山山頂からの360度展望は何ものにも代え難い感動を与えてくれる。OBの皆さんにまたひとつ山のすばらしさを教えていただいた。
 日時:2003年1月25日(土) 
 行先:滝子山(標高1,590mm)
 参加者:Hiroさん、Masuさん、Ganさん、Kinさん、Pe1さん、Pe1+さん、Pe2さん、○

注.写真はクリックすると拡大しますが、ファイルフォーマットは
JPEG2000(拡張子jp2)です。jpg画像が欲しい人は筆者まで。

滝子山全景

 
小金沢連峰の最南端にある山で、遠くから見ると3つのピークからなっている。別名、三丸(みつまる)とも呼ぶ。古くから源頼朝の父、鎮西八郎為朝が住んでいたという伝説がある。雨乞いの山として知られ、旱魃になると、山頂近くにある鎮西ヶ池で雨乞いの儀式が行われたという。写真は2002.01.05の鶴ヶ戸屋山からの帰りに撮影した物。
ルート、標高差

登山道入り口付近まで車で入り、ズミ沢経由の回遊ルートを往復する。ここかからだと標高差800m足らず。
車をデポして歩き出す       9:17

フルタイム4WDにスタッドレスといえども、さすがに行く手を雪に阻まれお腹をこすっている。ここで車を乗り捨て(いや、デポして)、歩く準備。プロはあっという間に準備が整う。せっかく持ってきたからとアイゼンも装着。12本歯の本格的なアイゼンである。この後アイゼンロープ1本締めの実演を見て感動する。プロは3分以内で装着しないといけないそうだ。
ここから登山道         9:27
 
 車道を歩くこと10分で登山道に入る。電車で来たとしたら、笹子駅からここまで1時間20分くらいかかるそうだ。ずいぶん楽をさせていただく。途中、駅から歩いてくる2人連れを車で抜いたが、恨めしそうな目をしていた。
随所に沢や滝が

登山道はズミ沢沿いにあるので、随所に滝や沢が流れている。夏だと、これがほんとの「水入らず」かもしれないが、冬は沢を渡るときはちょっと注意しないと、沢ポッチャンになりかねない。水は透きとおり、とても綺麗。
 
新雪を踏みしめて

新雪を踏みしめて黙々と高度を稼ぐ。先行隊の踏み跡があるので比較的楽な登り。ラッセルをしたくてウズウズしている人もいます。試しに脇にはいると、太股までどっぷりと雪の中に足が入ってしまいます。そんな状態では10分もラッセルすると疲れ切ってしまうでしょう。終始トップを切っていただいたGANさんお疲れさまでした。本人は何ともなかったように涼しい顔をされています。
1本

 山岳部OBはその道のプロだから、山では当たり前のことを口にも出さず当然ごとくやる。休憩するときには、上に何かを着る、これ身体を冷やさないための鉄則ね。雪の上にザックを放り投げて、ザックの上に座る、これ昔の人の豪快さね。今時はザックの中にペットボトルが入っているからそんなことできないよぇ。学ぶこと多し。
なんとなく絵になる構図

 北側斜面になるので、積雪量が多く、下半身が雪に埋もれる。先行者のトレースだけが残るが、ずっと続く真っ白な道はけがれを知らぬ純白そのものであり、ご一行様の品の良さがそのまま出ているようだ。振り向くと、八ヶ岳が編笠から順に並んでいるのが見え歓声が上がる。
大谷ヶ丸からのルート合流    13:04

 今日は誰もこのルートは歩いていないようだ。雪の中に腰までつかれば雪浴?


滝子山山頂           14:20

 最後の急登にも雪が張り付いている。アイゼンは心地よく効いてくれる。ちょっと予定より遅れたが、無風状態の山頂に到着。雲もなく快晴。冬の気象とは思えない静かな天気。富士山が優しく待っていてくれる。感動の一瞬。・・・・・・・・・・・携帯は圏外。
北側の展望

右手に500円札で有名な雁ヶ腹摺山、遠くかすかに雲取山、正面に黒岳、左に回ってハマイバ丸、大谷ヶ丸、コンドウ丸の向こうには甲武信岳を見ることができる。
秩父連峰と八ヶ岳

 さらに西の方には、奥秩父の山々が真っ白に輝いている。金峰山の左には八ヶ岳連峰が鋭い山肌を見せている。
 南アルプス方面は木が邪魔で旨くは確認できないが、おそらく北岳から塩見あたりまで全山確認できたことだろう。
富士山のあたりは

富士山が御正体山、鶴ヶ戸屋山、三つ峠山を従えてどっかと鎮座している。さすがに富士山はどこから見ても綺麗だが、裾野の山々がちょうど隠れてすらりとなびいた富士山に見えるのがちょうどこの角度のようだ。飽きることなく眺めていよう。

丹沢方面

丹沢もちゃんと確認できる。奥多摩魔方面も独特な山容の大岳山を中心にヨーク見える。
山頂での記念撮影

 恒例とのこと。皆さん冬山訓練もバッチリなので、なんと言うこともないです。さすが余裕綽々。
山頂での休憩

どこかの山行グループとは違い、山頂でのアルコールは一切なし。やっぱり心がけから違うものだと感心しきり。見習う点が多い。
 
 14:50 下山開始
体力余り

 膝まで雪に埋もれ、ラッセルの練習。常に鍛えているのだ。でも雪が重いらしく、自分の膝を持ち上げて「ヨッコラショ」、、、、楽しそうだが体力を相当消耗しそうだ。
無事下山  16:55

 下りは、途中1本だけ。約2時間でホイホイと降りる。アイゼンが凍り付いてなかなかはずれない。車が雪の中から脱出できず、雪を掘り、チェーンや木の枝を敷いてやっと脱出成功。15分ぐらいかかる。

 一路八王子まで。格安の山行で訓練になったし、最高!
OBの皆様、○のわがまま参加でご迷惑をおかけしました。
でも、また機会があれば是非参加させて下さい。ありがとうございました。

注.ここで使用させていただいた名前は仮称です。