鶏冠山・黒川山も登ってみればたいしたことない初心者向きの山だった。富士山は見えないと思っていたが、なんと立派な富士山が見えて、もう満足!
 ●日時:2002年5月26日(日) 晴
 ●参加者:◎

鶏冠山・黒川山MAP

 落合からのルート。通常は柳沢峠から入るらしいが、どちらでもいいでしょう。この地図はカシミールを使いました。後日、地名入りに更新します。

鶏冠山断面図

 
カシミールを使った登りルートの断面図。イマイチだなぁ。(_ _ )/ハンセイ
落合登山口   5:00

 4時に起き出して出発準備日。外気は5.5度と寒い。これほどまでに冷え込むとは思っていなかった。車で2分もかからないところが登山口。さすがにこの時間だとまだ誰もいない。トップを切って登山開始だぁ。

(忘れた) 調べておいたんだけど・・(^◇^;) エンレイソウ 葉っぱがでかい。花はもう少しピンクががる。
近道分岐  6:00

 左に行けば鬱蒼とした森。右に行けば大菩薩嶺を見ながらのんびり登山。とくれば、右に行きますよね。普通は。
鶏冠山分岐  6:27

 黒川山山頂はすぐそこ。が展望がないので展望台までちょっと足を伸ばすことにする。
舞鶴草
 
 
舞鶴草の花がかわいらしく咲いている。
展望台に向けて 7:00

 黒川山の山頂よりも展望台の方が先です。はい。


黒川山展望台からの富士山 7:02

 黒川山山頂に到着。わぁ、大菩薩嶺の右側にちゃんと富士山が見えるじゃん。感激。ここで携帯電話が使用可能になったので、山中湖ロードレースにエントリーしているYさんとサポート隊のTさんに電話する。ちょうど戦場に向かっているところだった。
 
黒川山展望台

 今日も富士山がくっきりと。まだ7時と早い時間なので空気を切り裂いている。5人も集まればあふれてしまいそうな展望台を独占できている。
パノラマ

 大菩薩嶺と富士山
カシミール

検証
 

カシミール

検証

北西の展望
 


カシミール

検証
三つ葉ツツジ ミツバツツジと富士
黒川山山頂  7:25

 展望台に行く途中にピークがある。展望がほとんどないので素通りされる運命。
黒川山山頂

 看板を取り外してぶら下げている。ん?

鶏冠山への分岐

 このまま左に行くと、落合に戻ってしまうので、鶏冠山に向かう。
 方向音痴になりそう。
唯一の急登

 鶏冠山に向かうところがこのコース唯一の急登。ちょっと恐い?
鶏冠山山頂 7:44

  
このコースで唯一の岩場を抜けると岩峰になっている山頂にひょっこりと出る。祠が祀ってある。
大菩薩嶺と富士

  
黒川山とほとんど同じような感じ。もっとも移動距離はほとんどないから。
ミツバツツジに富士

  
沢山写真を撮ったけど、この構図が一番よかった。
鶏冠山山頂

 飛び出した岩の先が山頂である。
切り立っている

 下は切り立った崖。ギャー、恐いよ(○の声)。だってぇ、チンコクなっちゃうよぉ。
シャクナゲ シャクナゲ

下山  9:36  

  
約1時間で降りて来ちゃった。これから登る人とまだそこですれ違った。ちょっと登るのが早すぎたか?でも、下山開始する頃にはすでに富士山頂には雲がかかり始めていたから、富士山を見るにはやはりそれなりに早い時間帯がいいでしょう。ただ、早すぎてもまだ雲の中ということもある。

  さ、ゆっくりとドライブして帰ろう。


      戻る