小春日和の絶好の紅葉時期です。大月市内を流れる桂川沿いにある山で、富士山を眺めるのに手頃な山を探して登る。
 九鬼山(くきやま)は、標高970mと1,000mにはわずかに届かないが、富士山をゆっくり満喫できる山である。では「秀麗富士富嶽十二景第十番」にご案内しましょう。

 ●日時:2001年11月23日 晴れ
 ●場所:中央線沿線・九鬼山(山梨県) 標高970.3m
 ●参加者:◎
全ての写真はクリックすると拡大します。

本日のベストショット

 九鬼山頂の手前にある富士見平からの富士山。小春日和にやさしく揺れるススキの穂が深まり行く秋の哀愁を誘う。
九鬼山MAP

 富士急行・禾生駅をスタートし、九鬼山からの富士山を満喫し、馬立山、御前山、神楽山を縦走する。行動時間は休憩を含み、7時間。
禾生駅   8:30

 大月駅で乗継電車に駆け込み、三つ目の駅。え?読めないって。禾生(かせい)駅です。我らを含めて七人が下車。ゆっくりした登山が楽しめそうだ。
霜が降りている   8:49

 落合橋を渡っていきなり登山道に入る。さすがに山梨県は寒い。霜がびっしりと降りている。湖と間違わないでください。遠くには三ツ峠山が確認できる。
富士見平  10:20

 木々の間からかすかに見え隠れしtれいた富士山が、一気に全容を見せてくれる。これだけ正面に富士山が見える展望台も珍しい。「ワァ、スゴーイ」と歓声が上がる瞬間である。

富士山の手前は御正体山、右側は三ツ峠山。眼下は都留市、先のほうが富士吉田市。
 
富士見平で休憩

 飽きることなく富士山の展望を楽しむ。登山道がくっきりと見えるが写真にはムリ。おにぎりをほおばりゆっくりと心身共にリフレッシュ。
デジタルズーム試験

 デジタルズームは4倍まで。画質が劣るので普段は使用しないが、時間はたっぷりあるのでヒザに固定して使ってみる。期待通り?の結果は出るかな? 後日一眼レフで撮影した画像と比較してみよう。
三ツ峠

 先週、Yさん、Oさんが山頂お踏み、いやオフミをされたという三ツ峠もくっきり。やはりあの山も絶景ポイントであることが解る。


九鬼山頂 標高970m 10:50

 
富士見平から5分のところが九鬼山頂である。大月市街から本社ヶ丸、鶴ヶ鳥屋山、高川山、笹子雁ヶ腹摺山、黒岳、滝子山等がずらっと見渡せる。
額富士

 九鬼山頂の木々の間から、かろうじて富士山が見える。いやむしろ、額富士として貴重なポイントなのかもしれない。

大月市街方面 
 

深まり行く秋を歩く

 猿橋までの道のりは長い。先を急ごう。九鬼山頂から東に回り込んで急降下していく。深い落葉を踏みしめながら尾根道歩きが続く。札金峠まで降りて田野倉駅への分岐を過ぎるとアップダウンの始まりである。ま、たいした標高差ではないので鼻歌交じりで歩こう。
札金峠付近  12:00

 アップダウンを繰り返していると、所々に富士山ビューポイントがある。そのたびに立ち止まっては「あ、ここからも見える」「あっちのほうがきれいだったね」などと好き勝手な評をする。これもまた楽し。
馬立山 標高797m 12:37


 馬立山直下の急登はちょっと手強い。西に尾根をたどれば田野倉駅に下るスルウネである。やけに道に詳しいおばさんが男4人を引き連れてこの尾根を下っていった。地図ない道をさっさと下るなんてヌシは何者だ?
御前山を臨む  13:00

 小沢の頭、沢井の頭(なんだか奥多摩の地名のような名前だなぁ?)を順調にクリアすると、眼前に御前山の絶壁が姿を現す。
御前山 標高730m 13:40

 御前山の岩峰に立つ。後方は、倉岳山。スースーして気持ち悪いよ。
 そろそろお腹がすいたので、遅い昼食にしよう。ビールとおでんでこじんまりと昼食タイム。
富士山が見えなくなる

 西側には富士山がかすかに見えているが、デジカメだとぶっ飛んでしまっている。さすがにこの時間帯になればかすんでくるのだ。そういえば、本日は高尾山では「ダイヤモンド富士」が見える日である。ここでも日没まで頑張っていればダイヤモンド富士に近いものを見ることができるかもしれない。
神楽山 標高673m  14:15

 縦走最後のピーク。CATVのアンテナが立っている。展望もほとんどないので写真だけ撮ってすぐに下り始める。
もうじき人里  14:45

 縦走もいよいよ終盤。この尾根を越えれば人里に出てしまう。もっともっと自然と親しみたいという気持ちと、早く帰りたいという思いが交差する。

東大月ニュータウンに出ると、百蔵山(1,003m:左)と扇山(1,137m:右)が並んでいる
 
猿橋駅 15:00

 MMX山行に温泉はつきものだが、ここ猿橋駅には温泉がない。たぶんMMXメンバーをこのコースに誘っても参加してはもらえないであろう。今回はたまたま2人だったので風呂なしで我慢して帰る。本当は風呂に入りたかった。誰か風呂場を教えて下さい。


戻る