♪♪会津磐梯山は宝〜の、こりゃや〜ま〜よ〜♪♪ という唄からも何となくこの山に俗っぽさを感じている人も、一度表からこの山を仰いで見るがよい。名山の風格を持っていることが納得できよう。(深田久弥 日本百名山より)

 今年は紅葉を東北に求めて北上してみます。さて、紅葉前線にうまくブチ当たれるかどうか。楽しみですねぇ・・・
 ●日時:2001年10月27日 晴
 ●場所:磐梯山(福島県)
 ●参加者:Mさん×2、Kさん×2、◎
全ての写真はクリックすると拡大します。

磐梯山 お気軽登山コース

 磐梯ゴールドラインは見事な紅葉を登り切り、表磐梯と裏磐梯高原を結ぶ有料道路で延長17.6km、S45年に出来た。峠に当たる八方台から磐梯山頂を目指すと標高差が最小で済むので人気が高い登山コースになっている。今日は土曜日だから、きっと小学生や中学生もいっぱい登っているんだろうな。ま、そこはしょうがないとあきらめて・・・
ベストショット(の代わり)

 今日のベストショットが見あたらない。テクでごまかしちゃおう・・・^^;
八方台登山口駐車場 10:00

 ガイドブックによれば、休日は早朝から満車になると書いてあるが例に漏れず満車である。ツアー登山の観光バスも200mほど下ったところに駐車する。駅からは遠いので必然的にマイカー中心のアプローチとなる。
八方台登山口 10:11

 さ、出発。準備運動は?してない。ま、適当にゆっくり歩けば大丈夫でしょ?紅葉のブナ林を行く。
 熊出没注意の看板に一瞬ひるむが、熊に出会う確率はものすごく低いので、どうせならであってみたいものだ。
中ノ湯からは登り 11:05  標高1,194m

 上ノ湯と下ノ湯は跡形もないが、中ノ湯だけはまだ建物はある。標高1310mの秘湯。源泉温度は92度と非常に高温な硫化泉。ただ、管理人が亡くなった後の後継者がおらず、現在は休業中。さて、中ノ湯を過ぎれば本格的な登りが待っている。エンラコラ、頑張るぞぉ。北さん引っ張ってね。

檜原湖、五色、そして沼向こうに見えるは明日登る「西吾妻山」
 
さん  

 やぁ、年に一度の紅葉鑑賞登山だけ登場しますね。大丈夫かなぁ?運動不足がちょっと心配のMさんです。昼飯はおにぎり2個で我慢して少しはダイエットしているようですがその効果のほどは?
小休止

 いやはや、苦しいぞ。やっぱ、1年間のブランクは大きいねぇ。
Mさんの奥様    12:34

 いつも若い。娘と比べてもどっちが母親なのか分からないほどうまく○○している。最近はテニスをしなくなったので体力に不安があるとか。でもカボ(犬の名前)の散歩で鍛えているから大丈夫ですよ。
あそこが磐梯山頂だよ   12:36

 お花畑コースとの分岐点。もう一頑張りで山頂だよ。もうちょっとといっても実は1時間はかかるのです。○はMさんから借りた小刀(知ってる?)で豆鉄砲を作って遊んでいる。このマメ鉄砲できが良くてよく飛ぶのだ。
弘法清水 12:50

 おいしい水が滾々とわき出ている。水は担ぎ上げる必要なかった。売店だけで宿泊は出来ないが、10回登ると友人として認められ遊びで泊めてくれるという。でも10回も通えないもんねぇ。
弘法清水から安達太良山

 今回は日程的な都合で安達太良山には登れそうもない。智恵子抄でで有名な山。次回は登りたい山。
檜原湖(ひばらこ)

 磐梯山の爆発によって堰き止められた湖。手前に五色沼が点在する。ちょうど紅葉の真っ最中ですばらしい景色だ。

Kさん夫妻 12:54

 奥様のヒザの調子が思わしくなく(先日、とあるところで痛めてしまったとのこと)、弘法清水で登頂を断念。後は残りの4人に託してゆっくり下山することになった。優しいKさんも一緒に降りることになる。あぁ、無念。
(^.^/)))~~~bye!! (×_×;)
こちらのルートを下ります

 みんなは山頂に行ったし、おらっちはゆっくりとこちらの下山道を下るかぁ。

最後の急登 

 磐梯山の山頂は5合目である。これは標高が富士山の2分の1であることによる。噴火で5合目から上が吹き飛んだものではない。小林才二は「磐梯山ハ富士山ノ高サ半分ニ付、富士ヲ十合トシ、磐梯ヲ五合トシテ景色ノヨキ適当ノ地点ヲ選ビ小生ノ思考ニテ大正二年、現在ノ名称ヲ付シ休憩其他ヲ施設ス」と記している。(読むの疲れるね)
磐梯山頂 13:30

 (山名の由来)昔は天に通じる「石の梯(いわはし)」にたとえられ、磐梯神を頂上に祀って岩梯山(いわはしやま)と呼ばれたが、それを訓読みされてバンダイサンとなったという。独立峰でまさしく天に突き上げているような山頂であり、展望はもちろん360度である。
山頂での記念写真

 やったぁ、今年もこうして紅葉の山に登ることが出来た。\(^O^)/  快晴の青空の下でのんびりと過ごす時間に幸せを感じるね。
「おまえ、よく頑張ったね」
「あなたのリードがよかったからよ」
「運動不足気味できつかったろ?」
「ちょっとね」
「宿でマッサージしてあげるからね」
「うれしいわ、ア・ナ・タ」

(「をぃ、お熱いぞぉ」)
へん、俺は元気だ

 九州男児はど根性だけが取り柄なのだよ。このくらいでへこたれるわけにはいかね。うっしっし。
一応、私も元気よぉ

 磐梯山は過去に何度か噴火しており、5000年〜6000年前の噴火の地層があるという。有史年間では806年の噴火が伝えられているが、今もって語り継がれている明治21年(1888年)の噴火が有名で、その年の7月15日朝、突然大爆発を起こし、小磐梯を吹き飛ばし、家屋約1000戸を壊滅させ、死者477人という被害を出した。(のよ・・引用、デヘヘ)
もうだめだぁ、アルコール切れ

 (つづき)その結果、檜原湖、小野州湖、秋元湖、五色沼などが散在する高原地帯が出現した。今でも噴火の後を見ることができる。
猪苗代湖がこんなに小さく

 南側には猪苗代湖が広がっている。猪苗代湖は面積で4番目、透明度で3番目(いずれも国内)を誇っています。
山頂の標識    14:30

 山頂には3等三角点があるはずだが、標石は石に埋もれてしまって確認できない。ちょっと降りたところに標識がある。
吾妻連峰

 北側には吾妻連峰(東吾妻、中吾妻、西吾妻)が広がり、西側には飯豊連峰が見えるハズだが霞んでいて確認不可能。
お花畑コース 15:12

  弘法清水からお花畑コースを降りる。一面は草紅葉になっている。夏はさぞ綺麗なことだろう。
磐梯山にかかる月 16:24

 降りてきました。駐車場からふと見上げると磐梯山の山頂に月がかかっている。紅葉とマッチして風情のある作品である。



ここからはおまけです
銀杏もしっかり色づいて

 東北地方の黄葉ってホントに鮮やかなんです。ここは、米沢市内にある上杉神社。10年ぶりぐらいに来て見ると、建物や参道が新しくなり、記憶にあるのは木々くらい。
上杉神社

 参道の突き当たりが上杉神社になっている。まずは参拝(っと、お金がない)
上杉鷹山(うえすぎようざん)

 童門 冬二(ドウモンフユジ)の「小説 上杉鷹山でも読んでいただければ、いかに上杉鷹山が(現代風には)職場の環境改善やリストラを敢行していったが分かる。尊敬に値するすばらしい人物だと思う。
  上杉鷹山

 上杉神社には、当然の事ながら上杉謙信公も祀ってある。こちらはあまりにも有名だから今回の取材はパス。
仲がいい二人

 いつでも、どこでも手をつなぎあって仲がいい。家庭でもそうなんだろうか?きっと、そうなんだろうね。
仲がいい二人U

 対抗して仲良くしてみる。どうもぎこちないなぁ。やっぱり似合わないね。バキッ!!(-_-)=○()゜O゜)アウッ!
白布高湯山荘

 今日の宿です。温泉付きで格安。スキーもいいけど紅葉もいいよ。
夕食はステーキ
 米沢牛のステーキだ。うまいよ。
 そうそう、牛肉と言えば○の甥/姪が肥育している中山牧場 の牛肉もうまいよ。○に言ってみて。
ビールがマイウ

 ^^;
をかいたので、ビールがうまいっ!。何本でも飲めそう。回りの宿泊客がいなくなっても最後まで大騒ぎしてる。ま、MMXではいつもの光景だが。
これ、○○しい

 
あぁ、ここでも大騒ぎが始まる。「これ、○レーションがおきるので写真撮影は止めなさい。」バシ!
卓球大会パート1

 さぁ、始まりました、地獄の「昔取ったキネスカ」大会の第1弾。まずは、ちょろっと調整モード。今日の調子はどうかな?
熱を帯びてくる

 向きになってスマッシュを打つも秘技○○で返される。だんだんと熱くなってくるよ。あ、危ない!もう少しで・・・

いよいよ試合

 今日は混合ダブルス。そろそろ実力を出すときかな。ラケットがぼろっちいのでついピンポンになりがちだが・・・
いざ勝負
 最強ペアだ。どっからでもかかってきなさい。○は、この卓球がたたり卓球筋肉痛になる。Mさんはお疲れでマッサージモード。



  戻る