甲斐駒ヶ岳スナップ写真集(男ばかりだよ) ゲッ
    

全ての写真はクリックすると拡大します。

 北沢長衛荘前

  
「おーい、でっぱつするべぇ。はやくきゃぁせんと戻れへんでよぉ」
急登でへばる?

「おら、運転手だぁ、もう疲れただぁ。誰かこの荷物背負ってけれぇ」

「やだ・・」 ボソ
急登でも元気

仙丈ヶ岳をバックに
「ヘイ、おじいさんはまだまだ元気だぜ、ベイビー」
上に同じ

「OZUさんも元気ですらぁ。でもあっついねぇ。お肌があれちゃうから困るのよねぇ」
親子

にはどうしても見えないでしょ。親子じゃないもん。年の差だけ親子。バキッ!!☆/(x_x)

肌焼いてもいい○。ところで最近の○はずいぶんスリムになったでしょ?そう、それだけトレーニングして、余計な脂肪分を減らしているのです。目下、62Kg級
 (^^)v 

ニヒル

ちゃんと健康管理しているから、体重オーバはありません。(^^)v
みなさんもちゃんとトレーニングしてくださいね。
駒津峰で○が太る

何時の間に、○が太ったんだ?いやさっきの写真は腹をへこませていただけだ。などと勝手な想像をしてください。

で、元に戻る○

さぁて、からくりは分かったかな?明智君!
ヒントは、すぐそこだぁ!

花崗岩にへばりつく

なかなかいい光景。足下が滑るんだ、これがぁ。


山頂デース 


「いやぁ、スースースーもんでしたぜ、ジーダ」
「あに、言っちょし、へーきのへのじずら」
「僕は、なんともなかったですねぇ、ハイ」
Oの証明写真

「どうです?登った者にしか分からない感激ですよ」
証明写真

「へっへ、俺達だってちゃーんと登れるんだぞ」

陰の声「よ、二人で 100歳、100歳!」
証明

「我ら、肌焼きたいだもんねぇ。男らしくカッコヨク・・」

(後日、皮がむけてボロボロ・・・・)


自分のことは自分では言いにくいもんですね。^^;
急登の下りで

ここまではヨカッタがねぇ


「ほら、あそこ。人がいたのに急に、消えちゃったんですよ?」
「何?どこへ行っただ?」

拡大写真。「やや、人が滑落した形跡があるぞ」「誰かがストックで突き落としたとかとかいうことは考えられません?」

「おーい、ここだぁ、助けてくれぇ」と苦しげな声・・・・・
「しまった、生きている」(陰)
「「早く、救助のヘリを要請するんだ」 
 「へリッ」!☆/(x_x)
(注.上の物語はフィクションです)

ここからが

さぁて、一気に600m下山大会をやりましょうか?



     甲斐駒ヶ岳へ