涸沢〜上高地

  画像はクリックすると拡大されます。


9月17日 4:30 起床

 今朝も雨。昨晩はヤワラちゃんの金メダルに沸いた。月曜日は予備日のため休暇も申請してあるのだが、あきらめて下山することにする。寂しい限りだ。

5:00 朝食

 雨の中での朝食なので、行動食/予備食にする。残りのラーメンやスープを軽く流し込む。

涸沢ヒュッテの売店

ちゃんと5時になったら売店を開けるなんてえらいね。本日の天気予報も同時に流してくれる。予報では午後から晴れそうだが、北穂はまたの機会にに残しておき、残念だけど今回は山を下りることにする。うううううぅぅ。(; ;)

6:15 涸沢ヒュッテ出発
7:30 本谷橋(〜7:45)
8:35 横尾(〜8:50)
9:45 徳沢(〜10:10)--軽食
10:55 明神(〜11:15)--ビール
ここまで雨のため撮影省略 ^_^;


11:17 明神橋

 明神から明神橋を渡って、梓川右岸を上高地に向かうことにする。散歩気分で行こう。
 

11:19 明神橋には猿が

 猿に歓迎されてしまう。ここの猿は危害は加えないが、歯を向いて威嚇してくる。人間の方が逃げまどう。周りを見回したら、どうやら集団でいるらしい。沢山の猿がウジャウジャいる。

11:20 明神橋の看板

 明神池経由で上高地に向かう。

上条嘉門次のレリーフ

 あの有名な(皆さん知ってますよね?)山岳ガイド上条嘉門次のレリーフがある。

嘉門次小屋

 
昔ながらの囲炉裏がある。この川で嘉門次は岩魚を捕って自給自足の生活をしていたのた。

嘉門次小屋の内部

 
観光客でlけっこうにぎわっている。囲炉裏のある部屋はこの隣。



明神池(一之池)  ¥250/人を払って明神池を見学 上高地の特徴ある景色



 
鯉でもないのに、手をたたくと鴨が寄ってくる。餌ないよーだ。

 明神池は「一之池」と「二之池」からなっている。こちらは一乃池にあたる。



明神池(二之池)  霧が立ちこめて、いい感じでしょ。

二之池も秋模様

 
ほんの少しだけ紅葉の走りが漂う二之池


草紅葉もすぐそこまで

 
明神から上高地へ向かう。湿地帯は草紅葉が始まっている。

12:00 明神から上高地までの右岸ルート

 
木道が至る所に設置されており、歩きやすい。一般の観光客も通るルートになっている。



 
何年もかかって作り上げてきた自然の造形美。この先で岳沢からのルートが合流する。




12:43 河童橋   一般の観光客の方が多い

12:45 やっぱり穂高は見えず

 
岳沢から穂高連峰が見えてもいいのだが、最後まで姿を見せてくれない。急に日が射してきて天気が良くなってきたのに。ふん、まぁいいさ。また戻ってくるからね。では(^.^)/~~~ 

 
この後、お土産を買って13:15タクシーで沢渡へ。


13:40 沢渡駐車場

 
沢渡に戻ってきたら、この天気。すっかり晴れてくる。皆さんお疲れさまぁ。

14:25 せせらぎの湯

 
国道158号線沿いにある日帰り温泉施設。¥400と手頃な料金。最初は結構混んでいて、洗い場はいっぱいだった。アルカリ温泉で肌がぬるぬるする。内部の様子も撮ったのだが身内のため”公開不可”宣言をされる。^_^;

”せせらぎの湯”は持ち込みが原則

 
ここには食べ物は売ってない。持ち込みが原則。周りはみんな自宅から料理を作って持参している。おらっちは、ビールと牛乳を飲み、残ったつまみでささやかに・・・\(^0^)/




 
17:00 諏訪湖 昼食兼夕食。先日の諏訪湖花火大会は盛況だったようで。  

Menu  

■上高地〜涸沢(登り)


■涸沢〜奥穂高(登り)

■奥穂高〜涸沢(下り)

穂高TOP
おしまい