7月22日北岳〜広河原

  以下の全ての画像はクリックすると拡大されます。画像が必要な場合は、「右クリックして保存」して下さい。


4:35 北岳での御来光10分前
 
 すっきり晴れ上がって、今日の御来光はすばらしいよ。とても寒い。振り向けばカメラの放列が並んでいる。
 

4:41 富士山の夜明け

 なかなか、すばらしい。富士山が間近に見えると同時に輝いて見える。まさに、ニッポンの夜明けだ。あれ?



4:43 北岳の御来光 鳳凰三山から上がる御来光も見応えがある。
 


6:29 堂々たる富士山

 
テント撤収完了。下山開始の時刻。池山吊尾根を従えて堂々としている。そろそろ帰りたくない病気が出る時刻だ。でも富士山を見ると、やっぱり帰らなくちゃぁ、と思い直す。

 そうかぁ、来週はあの富士山に登らなくちゃいけないんだもんねぇ。


6:30 北岳の○と富士山

  下山開始。「北岳よどうもありがとう」と感謝の念を込めて心は来週の富士山へ。あら?長丁場の下りで膝を痛めるのが怖い。


6:37 北岳から八ヶ岳を望む

 
そう言えば、八ヶ岳は常に後方に控えていたね。ここからだとニセ八つ(茅が岳)が正面に見えていたっけ。


6:46 北岳から甲斐駒が岳

 南アルプスの圧倒的なシンボルである「甲斐駒が岳」。花崗岩をまとった独特な山容は私をも魅了する。あぁ、早く登ってみたいなぁ。


6:58 さらば北岳

 
なんと、肩の小屋とテント場が見えるではないか。最後まで飽きさせない北岳ですねぇ。これが本当の見納め(近くでは)になるかと思うと、つい熱いモノが頬を濡らす。おい、それって^_^;だろ??


7:17 草すべりのお花畑

 さて、草すべりに戻ってきた。あとは高山植物を楽しみながら下山するのみ。今が盛りのシナノキンバイを筆頭に沢山の高山植物が咲き誇っている。

10:18 雪渓が残る大樺沢

 八月上旬まで雪渓が残るのかな?


8:07 白根御池が見える

 いい加減、蒸し暑くなってきた。300ヤード打ち下ろしの距離に白根御池小屋が見えてきた。ヒザがそろそろ悲鳴を上げている。


8:08 ブルーすかいブルー

 
真っ青な空とお花畑とダケカンバと野人。全て何不自由なくスクスクと育ったように見えるが、実は苦労があったのだろうか?何をか語るこの二人「人生楽ありゃ苦もあるさ、、」って。う゛ぇえぇ?


8:44 白根御池から北岳を望む

 2時間ちょっとでここまで下りて来ちゃった。あっけないねぇ。冷たい水がうまい。生き返ったような気がする。ヒザが痛い。タイガーバームがよく効く。\(^0^)/

8:52 白根御池小屋

 199年に雪崩で崩壊して、プレハブでの運営となっている。が、中はすこぶるきれい。のぞき込まなくても中からバイトのおねえちゃんが挨拶してくれる。ううん、いい雰囲気。頑張ってねぇ。(^3^)-☆


11:15 戻ってきたよ

 野呂川にかかる吊橋に戻ってきてしまった。ここで今回の旅は終わり。全員登頂、怪我なし。

  帰りのお風呂は「南アルプス温泉ロッジ」に行ったが「白鳳会館」に案内されてすごく混んでいてガックリ。洗い場も6つしかなく、ゆっくり洗えない。次回は別の処を探そう。参加された皆さん、ありがとうございます。

おわり。

←戻る    次へ→