7月21日北岳〜間ノ岳

  以下の全ての画像はクリックすると拡大されます。画像が必要な場合は、「右クリックして保存」して下さい。


5:27 仙丈岳(標高3,033m) 御来光はなし。今日はスカイラインの散歩だ。えへ。
 


6:15 北岳山頂 標高3,192m 11.7゜

 
 肩の小屋から45分で山頂に立つ。ものすごい人で写真を撮るのも一苦労。さすがに日本第二位の標高だけあって、圧倒的な存在感である。もちろん360度の景色も飽きさせない。

6:21 北岳山頂 標高3,192m

  今回の北岳は梅雨明け直後で天気はバッチり。晴男だけが集まった?と自慢しあっている連中である。今年度の最大のイベントの半分がここに成し遂げられた。\(^0^)/


6:26 北岳山頂 標高3,192m 向こうに見えるは仙丈岳。
 

北岳山頂 標高3,192m

 ○だって、少しでも高いところに登りたいんです。

6:35 北岳から中白峰、間ノ岳 標高3,175m 13..7゜

 この場所からの撮影も雑誌によく載っている。なるほどきれいなスカイラインだ。そのかわり相当ハードな上り下りを覚悟する必要がある。途中に、キタダケソウが咲いていたが、危険な個所であったため撮影もできなかった。


8:23 中白峰付近から北岳

 北岳山荘で小休止し、中白峰に向かう。振り向けば愛(.u')★\(^^;)baki!! 北岳の勇姿があんなところに遠ざかっている。とてもすばらしい景色だ。みんなに分けてあげたい。


8:30 中白峰 標高3,055m 17.0゜

 中白峰(”なかしらね”と読む)。ポツンと立っているのが唯一の証拠。でも看板には「中白根」と書いてあるぞ。あとは何もない。思わず先頭はスルーしてしまうしぃ。そんなに特徴もないけどね。


8:32 中白峰から間ノ岳を望む 標高3,050m 17.0゜ うわぁ、まだあんなに遠いよぅ。
 


10:15 間ノ岳山頂  標高3,189m 16.2゜

 本日の目的地である「間ノ岳」に到着。4時間弱かかったよ。楽なはずのスカイラインコースがこんなにもしんどいとは思わなかった。これから先の農鳥まで縦走する人ってほとんど仙人に思えてくるね。今来たコースをまた帰らなくてはいけないので浮かれてばかりもいられない。

10:18 間ノ岳から塩見岳を望む 標高3,185m 18.8゜

 
初めて見る「農鳥」、「塩見」がまぶしい。いつかはあそこまで行ってみたい気もする。


10:32 間ノ岳での昼食

 
チーズフォンデュには「ぶどう液」がよく似合う。?? アルコール禁止令が発令されていたので、ぶどう液でフランス料理を楽しむ。ウシシ。


10:32 間ノ岳でお昼寝

 これからの帰り道に備えて、しばし休憩。すでに夢の中?

10:41 間ノ岳山頂のカメラマン

  「1回100円でシャッター押しまっせ」という賃商売?さて儲かるやら? 

13:14 北岳山荘から北岳への登り   標高3,030m

 標高差200mの急な登り。1ピッチどころか3ピッチくらいかかって登らないととても登れたモノじゃない。こんなに険しいとは誰が予想しただろうか。誰かを恨みたくなる。(-.-)

13:29 北岳東面のお花畑

  急登の途中にはきれいなお花畑があり、苦しさを紛らわせてくれる。先頭を行くリーダもついに愛想をつかして、写真を撮って遊んでいる。

13:30 北岳東面のお花畑

 「わーい、花がとっても綺麗だぞぅ。写真撮りまくるぞう」。「あら、花の中に元気なお方が約1名」

13:53 八本歯の頭からの富士 標高3,100m

 休憩ポイントで息をぜいぜいしながら、ふと見上げれば、心の故郷である富士山がにっこり微笑んでくれている(少なくとも○はそう取った)のがわかる。おぅ、ここからも富士山が見えるんだ。感激!!うるうる。

13:56 八本歯の頭からの富士 標高3,100m

 上に同じ。八本歯の頭から登ってきた人はもっと感激するんだろうなぁ。 

14:19 北岳山頂再び 標高3,192m 15.2゜

  朝は混雑していたが、この時間になると山頂ものんびりムード。ゆっくりと時間をつぶしている。天気も最高だし、昼寝なんかもいいんじゃない?

14:23 北岳山頂再び 標高3,192m 15.2゜

  山頂の印には群がる人もいない。

14:49 北岳から肩の小屋

 いよいよ、肩の小屋目指して下山だ。我々のテントがあんなに小さく見える。ここから約40分で下りる。

  そしてそのままビールで乾杯!
 ( ^_^)/□☆□\(^_^ )


17:27 今日の鳳凰三山 標高3000m  昨日よりずっと綺麗。いつかあそこにも行こう!
 

←戻る    次へ→