●型式番号: YGMA-14
●コードネーム: ギルガザムネ
●全高: 28.3m
●重量: 176.8t
●乗員: 1名

◎思考波操縦システムによって通常MA
を遙かにしのぐ脅威的な反応速度を持つ
ギガノス軍最終MA(メタルアーマー)
シールドや胸部には内装式ミサイルラン
チャー。腹部には大型ミサイルを装備。

試作1号機(ゴールド)はグン・ジェム大
佐が搭乗しD兵器を追い詰めるも、稼動
限界時間オーバーにより暴走し撃破。
試作2号機(グリーン)にはドルチェノフ元
帥が搭乗。
後に、量産化されたが内紛状態のギガノ
スに於いては目覚しい戦果を挙げる事は
無かった。


■ムサシヤ 1/144スケール フル可動ガレージキット
《YGMA-14”ギルガザムネ”》




●この当時のキャラクターモデル業界のパターンになっていた?ラスボス的メカニックは
プラモデル化されないと言うジンクス通りにバンダイからは商品化されなかった巨大MA
”ギルガザムネ”はガレージキットメーカーのムサシヤよりバンダイのキットに合わせて
1/144スケールで商品化。(劇中の作画ではD兵器の2倍以上の大きさで暴れていた
のでD兵器と並べると大きさのイメージギャップが・・・・・・・)ポリキャップ・メタルパーツ
を使いフル可動仕様でよく動く反面自重によって自立し辛いのが難点だった。
製作した当時は、1号機のゴールドのカラーリングの立体物が多かった為に、2号機の
グリーン系で塗装。流石に数十年前に作った物で間接の軸が折れている等の破損が
在る為に画像のポーズから動かす事は出来ない。(撮影後にも破損して(;_;)シクシク)










■戻る。












Ads by TOK2