《その1》



■グンゼ産業 1/24スケール『PAC-48ガーディアン』改造。
”X-066S・UTGOI宇宙戦闘用ガーディアン”


◎元ネタはグンゼ産業ホビーニュース『特装機兵ドルバック』Vol,4裏表紙に掲載された
小林誠氏の改造作例。しかし、絶版になっているキットや掲載された画像だけでは解から
ない箇所が在る為に100%コピーとはいかなかったがイメージは再現できたと思う?



■製作■
◎使用キット◎
●1/24:PAC-48ガーディアン ●1/24:PAC-48Gドルディアン ⇒キット詳細
●1/100:カングライドマヤール ●1/24:PA-36HD-R6ノーブ・キャノン
○タミヤ:バイクキット・ドイツ軍小火器セットetc 
○イマイ1/16:モスピーダライドアーマー等アニメキット。




◎本体は当時人からのもらい物(接着材のはみ出しや部分的に塗られた状態の物だったが処分するには絶版キット
なので何かに使えないかとおいて置いたモノをリサイクル)を、一旦バラシて成型し直て、センサー部や必要の
無いモールドを埋める。腹部のセンサーはオリジナルはハークの物だが、市販オプションパーツの組み合わせ
で簡単に出来る。後部バーニアはキット2セット分。上部は背中のアールに合わせるように磨り合せ。(隙間はパテ)
放熱フィンはモスピーダのタイヤの物。左後頭部のアンテナはバイクと小火器セットの組み合わせ。
脚部は殆ど素組。脹脛のアーマーはガーディアンorドルディアンの腰のアーマーの出っ張りを削った物。
メイン?の苑蝟Cは基部がドルディアン。本来ガトリング砲の付く位置にガーディアンの物を上下反転させて
連結させるが径が異なるのでプラ板で蓋をしてからとなる。ディティーリングに関しては市販パーツやジャンクパーツ
の寄せ集めでそれらしく。左腕。肘カバーは腰アーマーとノーブ・キャノンのキャノン砲のパーツ。
マニュピレーターはマヤール。カバーがモスピーダ。(パーツさえ手に入れば作り易いバリエーションだろう)






■戻る。          ⇒《その2》







Ads by TOK2