■『ザ★アニメージ・パートU』■

パート1終了後間髪入れずに展開されたパートU。前作に比べミリタリー色を前面に出し
頭部は顔ではなくセンサー風に改められた。時期的に『ガンダム』〜『ダグラム』に移行
し始めた事に当たるのでフットワークが言いと言えば聞こえが良いがなかなかしたたか。
パートUは商品展開的には前作ほどの広がりは無かった(後に始まるマクロスにシフト
したため)キット的にも前作同様に共通パーツに新規パーツを取り付ける構成。
300円売りの装甲バトルアーマーもコンバットアーマーに戦車の砲塔型の頭部と
摩訶不思議なデザインだがどれも似通った印象のデザインだった為か前作ほど
インパクトが無いのが残念である。


■アリイ 1/76 《重装甲バトルコマンド”インディゴ”》■




◎前作『カムイ』の新規パーツ追加によるバイソン軍側の大型メカ。
新造されたパーツ以外は前作『カムイ』と同一のパーツ構成。
他の4体にも言える事だが新規に起こされた頭部パーツが体に
比べて大き目で、特に『インディゴ』は基本と成る胴体のままな為
下半身が貧弱に見える。片や腕に直接接続する武装はどう見ても
デストロイド・トマホークのデザインの流用で、有井社内には既に
マクロスの企画書や設定資料が在ったと思われる。






◎普通は主役機から作る物ですがサポートメカの方から、先にも述べたように新規の頭部が大き目で
下半身が貧弱に見える為、キットを芯にボリュームアップしています。
腰周りは流石にパンツ式ではポーズの幅が無いのでスカート式に変更。
同スケールの戦車砲を現在物色中で見つかればBOXアート風にベースを作ろうかと思ってます。


■戻る。







Ads by TOK2