■『ザ★アニメージ・パートU』■




■アリイ 1/76 《装甲バトルアーマー”ビクター”》■
◎1981年展開  ●ミニマンガつき ◎当時定価:300円




 


◎封入されたミニマンガでは、ネオ・ギド軍のクラブガンナー風
敵メカに塹壕から飛び出したビクターが一撃で撃破する。
カラーリングも手伝ってか他の装甲バトルアーマーよりも
ヒーロー性が在るが、量産タイプの兵器なんですよ。
なのにコミックのラストのコマでは妙に主人公的なキャラが
描かれているのが、ツボだったりします。









◎他の3種がデザインこそ違う物のパッと見の印象の差が殆どなかった中、
唯一、曲線を主体としたビクターはシリーズの中でも比較的纏まった
デザインをしてるんじゃないかな?
キット自体はパートTのギド帝国300円売りバトルスーツの手足を丸々流用で
コストを下げ4種類共に共通のターボザック風バックパックも共用している為
個性を出すのに開発人も苦労させられたでしょうね・・・・・・。
デザインはギリギリ差別化出来たのだが、4体共通で胴体が手足に比べ大きい
特に前後幅があり過ぎるためよけにSD体型に拍車をかけている。
逆にそれさえクリアーすれば結構カッイイかもしれない?






●《製作》●
元々、金型の磨きが足りなかったのかパーツの合いは一昔前の海外キット並
(形があればOKと言う次元の物)
可動させても然程カッコイイポーズが取れるとも思えないので、毎度ながら
固定ポーズ。流石に某タカラのリアルロボットのパチモノだけあって決めポーズ
もハマリます(V)o\o(V)ふぉふぉふぉ





【頭部【砲塔)】 戦車好きが見たら激怒しそうな造形でエッシーの1/72から
流用してやろうかと一瞬思ったけど、(本命AFVだから)体がアニメ的な
ディティールだし、未来の(遠い惑星の話し)ロボットですからアニメポク
アレンジしながら密度を上げています。





【ターボザック】 ”シャーマン”で暴走してしまったのでディティール以外はストレート。
右肩側に装備されているバルカン砲?がキットの物は表面が荒れているしモールドも
曖昧なので作った方が早いと判断。

【椀部】 ギド軍バトルスーツの流用は気にならないがモールドのズレや団子のような拳は
頂けない訳で、上腕部を肩と上腕とに切り離し個別に成型し直し、上腕にはC面を付けて
視覚的に腕を細く見せている。拳はコトブキヤのメタルハンドユニット。

【胴体】 一旦、上半身と腰を切り離し、腰の方は太ももが入る前後厚まで幅詰めし
左右も幅詰め。(BOXアート風)上半身は前後で4mm左右で2mm幅詰めして小型化。

【脚部】 胴体の小型化でも細く見える太ももにはキットのパーツの各面に1mmプラ板
を貼りボリュームアップ。脛や足首はモールドのズレ等の修正とBOXアートを参考に
モールド追加。

【リニアガン?】 照準機をどちらかの手に持たせるようになっているが、どうにも
カッコ悪いのでリニアガン本体に取り付け。それでも直接照準で射撃するロボて?



⇒キット紹介




■戻る。



Ads by TOK2