■鉄人ウルトラZ■


 


■バンダイ 『オカワリボーイ スターザンS』
NONスケール ”鉄人ウルトラZ”
1984年3月発売。    定価200円



 


◎キットの完成見本からも出来の良さが伝わってきます。
BOXアートは同時期の商品とは異なりタツノコプロによるセルイラストが
使用されています。(そういえばウラシマンもセルイラストだったなぁ。)






◎1984年ともなるとタイムボカーン・シリーズ等のギャグアニメは
観なくなっていました。(極希にチャンネルを変える時にチョコッと観た程度)
そんな訳で、この鉄人ウルトラZがどの様なキャラクターかしらないのですが
鉄人28号+ウルトラマン+ゴリラを上手くミックスしていてコミカルな外観が
気に入ってキットを持っていました。(ガンプラ等のスマートなロボばかりの
市場だと逆にこういったキャラクターは新鮮で面白みがありますね。
幾ら出来のいいキットでも同じ傾向のものばかりだとねぇ、言い方を変えれば
毎日、高級料理を食べているとラーメンとかインスタント食品が食べたくなる
様な感覚でしょうかね。)















◎製作◎
チープキットに在りがちな原価を抑える為にボリュームを押えたり
可動部分を減らしたりでプロポーションが崩れている事が在りますが、
このキットはナツプラ共通ともいえる拳の造形以外は特に手を加える
部分も無くボリューム感も在り秀作キットだと思います。
良く出来たキットですので、ゴリラぽいポーズになる様に肩と上椀を
切り離して向きを変え拳を裏打ちしてキットの親指を削り落として
エポキシパテで親指を作り直し。それ以外は抜きの関係で
潰れている足首のリベットをWAVEのRリベッツ(大)に交換とか
加工上パーティングラインが消し辛い部分を市販プラユニットに
交換したくらいのお手軽で楽しめたアイテムです。






◎組み立て説明書。
200円キットながら主要間接は可動し目にはライトユーザー用に
シールが付属し84年当時としてはかなりのリーズナブルな商品。












■戻る。






Ads by TOK2