サイボーグジュダ

 


■NITTO《(株)日東科学 『ウルトラ超伝説 アンドロ超戦士』シリーズ bT
NONスケール 
”サイボーグジュダ”
1982年後半から1983年前半頃発売。     定価:100円



 


《登場作品》

1982年秋〜1983年にかけて放送された円谷プロ製作の
特撮ヒーロー『ウルトラ超伝説 アンドロ超戦士』

当時、雑誌等には新番組の告知が掲載されていたが、
関東ローカルのみ(記憶では関西では放送されていなかった)
だった
ので、実際に映像を観ていないので詳しい内容は不明。
 





パッケージ側面のストーリーや広告内容から
『全宇宙の平和を乱すクア帝国の野望が始まり、まずは地球攻略計画を開始。
クア帝国の首領クアは怪獣を操って次々と地球に送り込んできた。
そこに立ちはだかったのはアンドロ超戦士達。コスモテクターと呼ばれる強化服を
着たアンドロメロス、ウルフ、マルスは地球を守る為に怪獣と戦う・・・・・・・・・・・。
が基本ストーリーだそうで、広告では、メロスは実はウルトラマンゾフィーだったとか
書かれてますがウルトラシリーズと直接関係あるのかな?

メカバルタンやキングジョーグ等歴代ウルトラマン登場の怪獣をメカ化
した物が登場しNITTOからはアンドロ戦士を含み全9アイテムが100円
キットでラインアップ。他にも300円〜500円くらいの価格帯でも
キット化されていましたがNITTOのキットかは覚えてないです。
またサイボーグジュダはクア帝国の幹部の1人だったそうです。








◎100円キット特有の箱のウラに」印刷されている組み立て説明書。
100円チープキットならではのシンプルな組み立てで、
頭部、肩、足の付け根が可動?するが殆ど意味が無かったりして。



 


◎上がパッケージ側面の完成見本。
このままだと頭部がスケール違い?と間違うほど幼児体系をしています。
しかし、主役以外がキット化される良い意味でキャラ物全盛期なアイテム。






◎一般的には知名度がそれ程ない(20代以下は知らないであろう)
アイテムですが、ロープラ等でお世話になっている”てんぐどーさん”
から数年前に提供して貰った絶版キットで、お礼も含めて完成させないと
思い作り出してはいましたが、前記の完成見本のプロポーションで
どうした物かと一寸触っては放置を繰り返していたところ今回の
ロープラ参加作にするべくラストスパートをかけて製作。






◎製作するにあたっても資料といってもBOXアートのみでしたので、
基本プロポーションを着ぐるみを着た侵略宇宙人(ウルトラシリーズにも
結構、人型宇宙人が登場してますからそのへんを参考にします。)
キットも頭部が大きく感じる以外はわりといいディティールをしてますから
キットの素性は活かしBOXアートの雰囲気に近づけます。

頭部はアゴを引くように首をプラ棒に変更。耳のトゲは折れて無くなっちゃった
ので2mmプラ棒から大き目に削りだし。それ以外はキットのまま。

胴体は胸のプロテクターを切り離して胸を張ったように背を反らせます。
頭部の大きさを軽減させる為に接着面で2mm、中央で割って2mm
ボリュームアップしてから胸側にアルテコHGを盛ってBOXアート風に。

腕部は肩はそのままでトゲのみ大型化。腕は関節で分解してポーズ変えし
上椀はアルテコHGでボリュームアップ。左拳はユニオン1/60ベルゼルガDT
から気持ち大き目だけど流用。(今考えたら1から作った方が良かったかも。)
剣はキットには付属していないのでプラ板で大雑把だけど製作し右拳は
キャストの破片から削りだし。(バランス的には右拳くらいが丁度良い大きさ)

脚部はアニメ的な足長アレンジは避けたいのだけど幼児体形解消の為、
太ももで延長し側面のトゲは分厚いのと延長したので、プラ板で新造。

背中の翼はキットのまま。本当はBOXアートの生物的な物にしたったけど
キットを使う意味がなくなるからね。着ぐるみのスチール写真では
マントになっているんだけど?どちらが正しいのかな?なんかヘルメットも
デザインが違うし?途中でパワーアップとかでデザイン変更された?









■戻る。






 
Ads by TOK2