■グンゼ産業 1/72スケール ―ドルバックシリーズgF―■
VV‐54AR ムゲン・ランドキャリバー

◎主人公”無限真人”が搭乗するバリアブル4WD。通常はリアウエポンラックにジャンプユニット、
アーマーライフルを装備して偵察行動を行う(※)が、戦闘時にはムゲン・キャリバー(人型)可変し
接近戦を行う。カラーリングは後の量産型と異なりイエローとオレンジの派手目のデモカラー。
(※)劇中、ランドキャリバー形態で装備してはいなかった。


 

■製作■
―使用キット―
◎ムゲン・ランドキャリバー
◎ムゲン・キャリバー
◎高速強攻型スクランド

●車体は”スクランド”を使用。(プルバックゼンマイ仕様にする為金型が改修されている)
後輪は”スクランド”をそのまま使用し、前輪は”ムゲン・ランドキャリバー”(タイヤが一回り小さい)
●コックピット(座席シート)が後ろ過ぎてハンドルが握れない?のでシートを前に持ってきている。

●ジャンプユニット
◎ムゲン・キャリバー(人型)では然程気に為らないが、(人型)での上面部分がノッペラボウで間が持たない
MMシリーズや市販パーツでディティールを追加。アンテナは真鍮線とスプリングパイプ。
前面のインテーク部分にも段付きプラ板を入れている。
ロケット砲は”ムゲン・キャリバー”から流用。

◎現在のドルプラの現状を考えればバブリーなモデリングに映るかもしれないが、
パーツ取りしたキットは有効利用されているので後々解ると思います(笑)

 


●傍らに立っているのは食玩のレスキュー隊員。丁度1/72位だったので対比で置きました(笑)
機のバリアブルマシーンの中では最小サイズなのだが、モチーフがジープとは言え、戦車クラスの
大きさが在ります _(・・;φウッ・・・この巨大なジープにワンジャンプでシートに飛び乗れる”真人”の
跳躍力には驚きますが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・劇中作画では殆ど通常車輌サイズですけど。

















■戻る。           ⇒次へ。

Ads by TOK2