■bT3■




■ポーラライツ GODZILLA(ゴジラ)■

◎箱の大きさははラジコンのキット位在り、箱を開けると箱ビッシリと
パーツが詰まって、ゴジラだけでも全高、約50センチ強、尻尾が
40センチ位(足だけでも1/144のガンプラが入ってしまう位在ります)
インジェクションキットとしては最大サイズのゴジラではないでしょうか?
キット全体のイメージソースは初代ゴジラをモチーフにしている感じで、
壊れたビルや路面電車、国会議事堂?(地理的な事を考えると無茶な
取り合わせですが、2枚繋ぎの大型ベースはなかなか良い雰囲気です。
付属品としてネームプレートにHO〜1/76位の戦車(砲塔は74式やパットン
風、車体はV号とパーシングが混じったような、転輪はW号風のごちゃ混ぜ)
ゴジラが咥えたり手で持つ電車はNゲージ位が2両付属しています。
ゴジラやベースの出来は充分満足のいく物ですが、戦車と列車は少々おざなり
な造形(簡易インジェクションキット並)オマケと言ってしまえばそれまでだけど、
ゴジラが大きいので結構目立つので、製作時にはディティールアップしないと、
列車の方は、鉄道模型で使えそうな物を探しに行かないと車体下部が余りにも
ディティールが無くて寂しい(鉄道模型には疎いので現物のパーツを持っていって
相談しないと全然解らない分野ですから)

ゴジラ本体の造形自体はバドゴジ(第19作目ゴジラVSモスラ)に近いかな?
公開された頃にリンドバーグがインジェクションキット化の告知がされていたので
リンドバーグの製品かもしれない。(海外プラて同じキットがメーカー変更されて
発売されてる事が多いから、買って帰ってシュリンクパックを空けると○○の
メーカーのと同じてこと意外と在るんですよ、しかも、輸入レートの違いで、
国内販売価格が倍とかざらだし。)




■頭部、足首、尻尾等



■ゴジラ胴体、足、尻尾■
国内のGKメーカーのソフビキットと比べても見劣りしない。




■ベース部分■



■ポーラライツカタログより■

◎キット内のインストに2001年の表記が在るのでその頃の製品リストのようです。
アイテム故か国内で扱っている専門店も少ないのかなかなか見かけませんね。
ポーラライツ製ではスタートレック関係は比較的輸入されて一般店でも取り扱って
いる所が在るんですが・・・・・・・。ラドンが欲しいいんですが。






■モノグラム GODZILLA(ゴジラ)■

◎旧オーロラの金型を受け継いだモノグラム版ゴジラ。
プロポーション自体は比較的オリジナルに近い造形がされているが、
頭部(顔)がトカゲ風で、第一印象が違ってしまている
キット化された当時の本家東宝ゴジラのどのスーツバリエーションとも
似てないところが逆に面白い(それでも東宝の版権シールが在るんですから)
海外のトイはキットのようなトカゲ顔が多いみたいなので、海外のウケは良いの
でしょうかね?日本では、パッケージの為か未だに見かけますが・・・・・・。






◎BOX側面完成見本
オーロラから名称もそのまま継承された”グローズインザダーク”のネーミングの
オプションパーツとして頭部、手首、足首、背びれが蛍光樹脂で成形されたパーツ
が付属し暗闇で光る。(中央の画像)通常成形のパーツも入っているので
どちらかを選択して組み立てるのだが、こう言った遊び心の付加価値て最近は
なくなっていて寂しいですね。






■オーロラ風(復刻版) キングギドラ■
販売元:ポーラライツ

◎オリジナルのBOXアートとは構図は同じだがロゴの変更や
バックの背景に壊れた鉄柱や稲妻が追加されたりしている。
キットの方は本家東宝ギドラとは異なってアメコミ調のデッサン
の造形で抵抗を感じる人も多いと思う。私的にはベースと相まって
躍動感を感じさせるキット内容は秀作と思う。





◎パーツ状態。
キングギドラハ完成すると20センチ越えでボリュームが在り、
体表のモールドもシャープで現在のキットと比べても見劣りしない
頭部は、西洋ドラゴン風にアレンジされているが、口が開閉する
ギミック付き。





■戻る。




Ads by TOK2