■bW4

■アオシマ 1/2600スケールシリーズbS
バッフクラン宇宙軍制式亜空間巡航戦艦
―ドロワ・ザン―
◎1982年10月発売。   定価 800円
●ジグ・マック1機・ズロオ・ジック2機付属。

●プロポーションは良いのだけれども、船体パーツ
の合いが尋常でないくらいに悪いのですり合わせ
が大変..・ヾ(。><)シ ぎょぇぇぇ
オマケは・・・・・・こんなもんでしょう?

同系艦のガロワ・ザンはオマケ以外は同じ商品構成。
■アオシマ 1/2600スケールシリーズbT
バッフクラン宇宙軍戦艦
―サディス・ザン―
◎1982年11月発売。   定価 400円
●ロッグ・マック・ゴンド・バウ各1機付属。

●設定どうり、艦橋部分が分離可能。
砲身が太い事を除けばプロポーションに問題点は無い
ようだ。
オマケのログマックはちゃんと甲羅、有り無しを組める
唯一の商品化?ゴンド・バウは・・・・・・・・・・・・・・・・・
此れをどうしろと?

スタンドも付属するが、価格帯のパーツ構成もあるのだが
見栄えがあまりよろしくない。

↑■再販時のパッケージ(劇場公開時のポスター画)
■1/600スケールイデオン bP7
イデオン・プロポーションタイプ
◎1982年9月発売。 定価 700円
●ジョング6機付属。

●1/600シリーズの人型?のトリとあってアオシマ
設計陣のこだわりが詰まったキット。
初期に発売された合体可能なイデオンは、変形させる
為に、可動部分に制約が多くロボットプラモの楽しみの
ひとつの動かして劇中のポーズを採らせる事が出来な
かった。ファン心理としてはやはり動くイデオンが欲しい
もの。合体機構を廃止し(完全新金型)劇中の有名な
”全方位ミサイル一斉発射”ポーズが採れる?
●イデオンでは初めてポリキャップを使用しているが、
手首、肘には使用されていない``r(^^;)ポリポリ
●別売の”波動ガン”を持たせる事が可能。
但し、なかなかカッコイイポーズで持たせるのは・・・・
至難の業?

←●当時の説明書。
不満のある箇所を改修していたがテンションが
続かず、お蔵入り(笑)
改めて、再販キットを購入(苦笑)


■戻る。

Ads by TOK2