■bV9


■アオシマ
1/600スケールイデオン bQ
バッフ・クラン宇宙軍制式
重機動メカ
ジグ・マック
定価 500円
◎1981年12月発売


■全長 ◎99m
■重量 ◎6230t
■エンジン出力 ◎103.000推力トン
■武装 ◎大型加粒子砲2門
◎ミサイルランチャー6基
◎速射加粒子砲4門

■オプションパーツを使用する事で、劇中
同様に飛行形態に組む事が可能。
但し、接着する為、直立形態には出来なく
なる。(現在ならばポリパーツで差し替え)
※ポリキャップは1部(後期のキット)
を除き未使用。
◎プロポーションは良好。
重機動メカが曲面主体のデザインにも
関らず(設定画に似てる似てないは別
として)極端なイメージのギャップが無い。
◎アオシマ設計陣のセンスでしょう。

★イデオンシリーズの難点は、モールドの
在る場所にヒケが多い。
★プラの肉厚が均等でない為、補強や、
すり合わせが必修工作。
★材質が硬い為か割れ易い。

★完成見本は、
試作品の様でキットと異なる
■アオシマ
1/600スケールイデオン bW

バッフ・クラン宇宙軍制式
重機動メカ
アディゴ〔2機セット〕
定価 300円
◎1982年6月頃発売?


★飛行形態と格納状態に
組む事が出来る。
2機セットで同じランナーかと
思いきや、降着用パーツは、
1セットのみ。
飛行形態には2点とも組む事が
可能。
■全高 ◎46m
■全幅 ◎11m
■重量 ◎3215t
■エンジン出力 ◎63.000推力トン
■武装 ◎コム加粒子砲1門
◎小型ミサイル・ポッド
両舷3門
◎頭部ミサイル
ランチャー
◎アーム付ビーム砲
両舷1門
◎大型ハーケン1基
◎劇中の板野サーカスの作画も在って
印象深いメカニック?

■アオシマ 1/600スケールイデオン bX
バッフ・クラン宇宙軍制式 重機動メカ
ギラン・ドウ

定価 300円 ◎1982年6月頃発売?
■全長 ◎71m
■重量 ◎5820t
■エンジン出力 ◎84.000推力トン
■武装 ◎高速ミサイル・
ランチャー(両腕先端)
◎亜空間パルス・
レーザー
◎劇中、亜空間戦闘用として登場。
デザイン的な事も在り可動部分は
少ない。その為、専用パーツを使用
する事で、劇中の飛行形態を採らせる
事が可能。(スタンド付き)
◎腕のミサイルランチャーも選択式
で発射形態に組める。

★アニメスケールよりサイズが小さく
為ったが完成度は格段に向上した。
■アオシマ
1/600スケール・イデオン bP4
バッフ・クラン宇宙軍制式 戦術重機動メカ
アブゾノ-ル
定価 1.000円 ◎1982年7月発売。

※購入2回目ですが、リサイクルショップで、
400円でした。(売れないはな〜ぁ(/_;))


◎TV版、第31話登場の1話限りのメカ。
”対巨人捕獲用重機動メカ”として運用されるも
イデオンの無限力を吸収しきれず自爆した。
劇中では良いとこなしの”ヤラレメカ"(T_T)
よくキット化されたもので(笑)
劇場版は未登場。
■全長 ◎83.7m
■重量 ◎12.340t
■エンジン出力 ◎175.000推力トン

⇒■複眼パーツを付けなければ
そこそこカッコイイかも?
◎パーツの合いは・・・・・
尋常で無いくらい悪い。
■アオシマ
1/600スケール・イデオン
bP9

バッフ・クラン宇宙軍制式
戦闘攻撃機
デッカ・バウ〔4機セット〕

局地戦闘機
ギル・バウ〔3機セット〕

定価 300円 
◎1982年10月発売
■ ↑のアブゾノ-ルの下の白い物体が、
このキット。(対比用のオマケ?)
完成全長が3〜4p位だが、良く似
ている。(安定翼等を薄くしてやると
見栄えが良くなる。)
※因みに台座はタミヤ1/35スケール、
プテラノドン(絶版)からの流用(笑)

★1/600スケールでの航空機?のライン
ナップはbP6〔ズロウ・ジック〕300円
ゴンド・バウも予定されていたが未発売?


★戻る。

Ads by TOK2