■65


■バンダイ 【ウォーカーマシン・シリーズ】
1/144スケール・シリーズ bU
 ギャロップ タイプ
   ※1982年12月発売。
            定価 150円

■全高 ◎7.8m
■重量 ◎56t
■出力 ◎16000HP
■固定武装 ◎12.7o機銃(1問)
■最大定員 ◎1名

■バンダイ 【ウォーカーマシン・シリーズ】
1/144スケール・シリーズ 7
 トラッド11 タイプ
   ※1982年12月発売。
            定価 150円

■全高 ◎8.2m
■重量 ◎60t
■出力 ◎16000HP
■固定武装 ◎マルチプルガン(2門)
■最大定員 ◎1名
■中型作業用ウォーカーマシン、3点《クラブタイプ》《ギャロップタイプ》《トラッド11》は150円でリリース。
※《トラッド11》は劇場版『ザブングル・グラフティ』公開時に先着プレゼントのメッキ仕様が配布された。
◎プロポーションは良好。可動部も一部省略は在るもののほぼ1/100スケール同様に可動する。(パイロット・フィギュア・オプションパーツ類は付属せず。)
価格的な事も在って1/144スケールはクリアーパーツ&マーキング・デカール&ポリキャップは採用していない。 ★上記3点は再販はされていない(T_T)
※《クラブタイプ》も在るはず?発見したらUPします。

■バンダイ 【ウォーカーマシン】
1/144スケール・シリーズ bR
プロメウス タイプ 
            定価 400円

■全高 ◎13.8m
■重量 ◎104t
■出力 ◎24000HP
■固定武装 ◎14.5o機銃(2門)
◎ナパームガン(2門)
◎大型カッター
■最大定員 ◎2名

■バンダイ 【ウォーカーマシン】
1/144スケール・シリーズ bQ
 ガバメント タイプ
            定価 400円


■全高 ◎15.2m
■重量 ◎98t
■出力 ◎30000HP
■固定武装 ◎7.62o機銃(2門)
◎ミサイルランチャー
■最大定員 ◎1名
■大型戦闘用ウォーカーマシン    ◎《プロメウスタイプ》 かなりアッサリしたキット。機銃座(顔に当たる所?)の面取りが少々?

■大型戦闘用ウォーカーマシン    ◎《ガバメントタイプ》合いの悪さ&プロポーションはシリー ズ中一番難在り?

■バンダイ 【ウォーカーマシン】
1/144スケール・シリーズ bP
  ダッガー タイプ
  
            定価 500円

■全高 ◎16.9m
■重量 ◎125t
■出力 ◎24000HP
■固定武装 ◎7.62o機銃(2門)
◎ロケットバルカン(1門)
■最大定員 ◎2名

■バンダイ 【ウォーカーマシン】
1/144スケール・シリーズ bS
カプリコ タイプ
   ※1982年12月発売。
            定価 500円

■全高 ◎19.4m
■重量 ◎109t
■出力 ◎28000HP
■固定武装 ◎20o機関砲(1門)
◎7.62o機銃(2門)
■最大定員 ◎2名
■大型戦闘用ウォーカーマシン  ◎《ダッガ-タイプ》劇中最多登場のW・M。 《私の一番のお気に入り!》
■大型戦闘用ウォーカーマシン   ◎《カプリコタイプ》重機動メカ的ライン(湖川ライン)が、良く再現され、干渉するパーツが少ないので可動範囲は広い。

■バンダイ 【ウォーカーマシン】
1/144スケール・シリーズ bX
 オットリッチ タイプ
   ※1983年1月発売。

            定価 700円

★W・M、開発の初期型。
クレーン式の可動力腕を1基装備。
■全高 ◎18.2m
■重量 ◎157t
■出力 ◎11000HP
■固定武装 ◎7.62o機銃(2門)
◎ミサイルポッド
■最大定員 ◎2名

■バンダイ 【ウォーカーマシン】
1/144スケール・シリーズ bP1
 センドビード タイプ
   ※1983年3月発売。

            定価 700円

★ブルーストーン採掘用の為に設計された初代の
大型作業用ウォーカーマシン。


■全高 ◎17.1m
■重量 ◎122t
■出力 ◎12000HP
■固定武装 ◎火炎放射機
■最大定員 ◎1名
■大型作業用ウォーカーマシン2点。1993年と1997年再販時にはラインナップから外された不遇のキット・・・・・・・・。
センドビードタイプは1/144スケールのみのキット化(1話こっきりのゲストメカだったのだが?)
オプションパーツとして《作業ハンド》と《ドリル》が選択式と為っている。マニピュレーターはコードを芯に可動。

●オットリッチタイプ
作業アームの可動は省略されているものの、オマケパーツ(ドラム缶×4&荷物)は、1/144スケールではこのキットのみ。
■バンダイ 【ウォーカーマシン】
1/144スケール・シリーズ bT
 ザブングル タイプ
   ※1983年5月発売。
            定価 500円

※パケージ捜索中。

★物語前半の主役W・M。
劇中は2両が登場。
2台の車輌型【ブングル・ローバー】
【ブングル・スキッパー)に合体分離可能。


■全高 ◎17.8m
■重量 ◎113t
■出力 ◎33000HP
■固定武装 ◎専用ライフル
◎肩部ミサイルランチャー
◎専用バズーカ
■速力 ◎117q/h (歩行)
■最大定員 ◎4名

■バンダイ 【ウォーカーマシン】
1/144スケール・シリーズ bP2
 ウォーカーギャリア タイプ
   ※1983年5月発売。
             定価 600円

★キットには、専用バズーカと
口径30oガン(ライフル)のみ付属。
★ギャリィ・ホバーに変形可能。
※ギャリィ・ウィルには変形不可。
1/100スケールではキット化されなかった

■全高 ◎18.6m
■重量 ◎124t
■出力 ◎42400HP
■固定武装 ◎12.7o機関銃(2門)
◎20o砲(2門)
◎専用バズーカ
◎口径30oガン(ライフル)
◎ミサイルランチャー
◎ブーメランインディオム
■速力 ◎175q/h (歩行)
■最大定員 ◎4名
■主役ウォーカーマシン。
ザブングル》は他のウォーカーマシンのデザインから浮いた感が強いがプロポーションは良い。
デザイン上の制約で殆ど直立不動の為に見た目で損をしている。<いっそのこと派手目のポーズ固定で製作した方が映えるキットでしょう。
難点は、意味不明のパネルライン!サイズ的にも五月蝿いので埋めた方が無難かも?
★付属の武装は、専用ライフルのみ。

ウォーカーギャリア》後半の主役ウォーカーマシン。(良くも悪くも番組中盤の主役交代劇の元祖<メーカーは美味しいから・・・・
キットはドッシリとした体型を良く再現している。 模型オリジナルのモールドも控えめでスケール相当、拘らなければ素組で充分!!
★1/100スケールはバンダイからはとうとうキット化されなかったが、要望の多さに、苦肉の策でペーパークラフトで発売。<結構売れたそうです。
後年、GKメーカーの”WAVE"よりソフビ+インジェクションパーツ製キット《絶版》が発売された。


■バンダイ 【ウォーカーマシン】
1/144スケール・シリーズ bP0
 ガラバゴス タイプ
   ※1983年1月発売。
            定価 700円

★BOXアートのカッコ良さが、
光る一品!!

★最新型の戦闘用大型W・M
■全高 ◎20.25m
■重量 ◎120t
■出力 ◎32000HP
■固定武装 ◎ロケット弾ポッド
◎14o機銃(2門)
◎7.62o機銃(4門)
■最大定員 ◎1名
◎降着ポーズが可能。

■バンダイ 1/48スケール
ホバギー
※ジロン・ラグの人形付。
            定価 400円


■1983年2月10日発行(キット封入)
【BANDAI MINI MAGAZINE 記録単集】
より。『戦闘メカ ザブングル』シリーズ、
ラインナップ

●1/48スケール W・Mブランタイプ
●1/48スケール W・Mレッグタイプ
は未発売に終った・・・・・・・・・・・・・・。

←(右側)1983年1月10日発行(キット封入)  
(左側)1983年2月10日発行(キット封入) 
■『戦闘メカ ザブングル』 名古屋テレビ キー局、朝日放送系列で、1982年2月6日〜1983年1月29日放映。【全50話】                   
◎1983年7月、松竹映画にて、劇場版『ザブングル・グラフィティ』公開。(総集編+新作カット追加)
※同時上映、『ドキュメント 太陽の牙ダグラム』&『チョロQダグラム』

■いろんな意味でバンダイがノッてた時期です。
スケールによっての表現の差別化も明確に為ったのは、ウォーカーマシンシリーズからでした。
★1/144スケールはコレクション性に重点を置きアニメのイメージ《設定画が結構いい加減だからな〜》で商品化、
クリアーパーツ・デカール等のビギナーには難しい作業は省略されている。
★1/100スケールはと言うと、ガンプラブーム〜MSVの流れのリアル思考のメーカー側の解答なのでしょう、スケールに見合ったスケールモデル的な表現が、
デザインの間延びを無くしている。
特質すべきは、設定に縛られず、ウォーカーマシンが存在したら?と思わせるディティール群。過剰にならず少なすぎなくも無い絶妙なバランス!
設計スタッフ方のセンスの賜物でしょう。


■疾風のよう〜に

Ads by TOK2