LEGIOSS AFC-01H
ARMO-SOLDIER
アーモ・ソルジャー・レギオス〈エータ〉


  

LS 1/100 レギオス アーモソルジャー〈エータ〉 モスピーダシリーズbS
1983年11月頃発売。

当時の定価100円

 
  


◎キットのバランス自体は悪くは無いのだが、ポーズが硬い為に完成見本での印象は今一つ。
可動部分は頭部、肩、手首、股間接回転、肘と膝が曲がる。
〈ゼータ〉〈イオタ〉共に頭部以外は共通だが、頭部が通常の共通部分に入っている為に、
金型は新規に作られていた様だ。(100円キットの場合1枚のランナーのサイズが小さいので、
1つの金型で3〜4アイテムを作る事が多いが頭部のみ別ランナーで済むと思うが?)



【製作】
レギオスのデザインて派手なポーズよりも仁王立ちの力強いイメージが強かったので、
立ちポーズで力強さを目指しました。


◎1/100とは言っても全高が8.75mのレギオスですから8cm程度の大きさ
ガンプラの1/220サイズです。各部の新造パーツもmm単位で指が太い私には
結構辛い作業になりました。(何度指を切ったか・・・・)



【頭部】・・・・他社のモノと比べてもシルエットは設定に近いのでそのまま。

【胴体】・・・・胸部中央は設定画では左右のユニットより凹でいますが、
力強そうに見えないので角度を上げて出っ張る様に新造し、ノズルカーバーも大き目にしました。
インテークは抜きの関係で変形しているので、開口して裏から蓋をいています。
インテーク上部はキットでは面一ですが、インテーク部分の上に被さった形状に修正。
股間のベクターノズルは立体感に欠けるので、新造。

【腕部&武器】・・・・肩〜肘間接まで一体成形なので、肩から二の腕を切り離し二の腕は角棒から新造。
拳はキットのパーツにパテで親指をボリュームアップして使用。
ガトリングガンはキットの物が小ぶりで迫力に欠けるので、大き目にスクラッチ。




【脚部】
・・・・太もも、脛共に0.5oプラ版で幅増し。
脛は前後のボリュームアップの為、0.3mmプラ版で凹モールド再現。
足首は、脛から切り離し、つま先は幅詰めし、踵はインナーパーツを
作って足底が接地する様に角度を付け固定。

【センサーユニット】・・・・右肩のユニットは、キットでは小さい上に、肩に直付けなので、
大きく新造し角度もつけている。









■戻る。





Ads by TOK2