■工具等■
【その1】


●日頃、使い慣れた工具の概略を紹介し、今後の内容の橋渡しに為ればと、個々の使用方法等は順次。
観て貰えれば解ると思いますが特別高価な工具を使用してるわけでもないでしょう?
雑誌記事で紹介された物が無いと”模型は作れない”なんてことはないんです(-_-;)ホントカ・・・オイ
中には極論主義者で記事に在る、工具や材料、塗料さえ買い揃えれば自分も同じ物が作れると思っている人も居ますから(実話)
例え、100円均一でも使いやすければ使ってみて良ければ其方に切り替えるなどしていけば高額な工具を使わずとも素晴らしい作品は作れると思う。
例えるなら、免許取り立ての初心者がスポーツカーに乗っても本来の性能は発揮できませんが、熟練されたドライバーならば軽四であってもOKです。
道具は、高価=効果に為らない物なので、手に馴染み使いこなせば100円均一で在ろうと最高の道具になるものです。
現に、小学校?で渡された彫刻刀セットが未だに現役で使ってますから(笑)

■ヤスリ等
(左上)金ヤスリ類の使用頻度の高いもので、上から
◎【平ヤスリ】  一般の金物屋かホームセンターに在るもので充分。
◎【半丸ヤスリ】 1本在れば結構重宝します(20年くらいもってる)
◎【平ヤスリ(ミニ)】 セット物で1000円前後の物。
(※)目が細かいので削りカスが溜まり易いのが難点だけどこまめに使い古しの歯ブラシ等
で掃除すればOK。
◎【目立てヤスリ】 筋彫りの再生やパイプのカットに使用。 
(※)大きさ価格もピンきりなので使いやすい物を1本買っておくと便利。
(右上)L字アングルを適当な長さに切った物で、面だし等に使用。大きな手には持ち易い(笑)
(右下)既にガンプラ並みの歴史の在る珍具(笑)木材の端材に180番の紙ヤスリを貼り付けて
荒削り〜幅詰め用までこなし、裏返してノコギリで切断の台。小物パーツの切り出し台etcと
活躍する一番安上がりで一番使われる道具。
(左下)ニッパー&プライヤー
【ニッパー】金物屋の物で2mmの真鍮線位なら楽勝で切れる!スペアーは100円均一で購入。
【プライヤー】真鍮線の曲げや小物保持で使用。此れも予備は100円均一で購入。
(中央)
黒いのが、トライマスターのモデリング用彫刻刀。(ハセガワの催し物で半額で購入)
シルバーが言わずと知れたピンバイス。
中央の2本は二口チャックのタイプ。
左右が100円均一で購入した1.5mm・2mm・3mm。差し替えをしなくて済むので楽。
(左上)トライマスターのエッチング用ハサミ。
通常のキットには殆ど使わないがAFV等エッチングパーツのカットに使う。
その横はトライマスターのケガキ針とノミ。
ケガキ針はモールドを彫ったりするのに使用。(直線だけならカッターナイフで事足りる)
(中央上)木工用ボンド。
ホームセンター・文房具店等で購入できる極普通の商品。一気に使い切ることはまず無い
ので100円均一で充分持つ。
使用方法の例としては、間接が緩くなったポリキャップに付けて動かさずに乾燥させれば、
接着することがないので間接を硬くすることが可能。
水で溶いてティシュに含ませれば戦車のシーリングや布の表現やファンド等の紙ねんどで
スクラッチしたオーラバトラーの皮膚の表現も可能(プラだと弾くから)他にもジオラマの地面
等を作るときに混ぜたり溶いたものを上から塗って定着性の向上等、模型でも意外と使う。
(中央下)
此れが無いと始まらないタミヤ・セメント。他のメーカーも在りますが流通や単価で最も
ポピュラー。 白い方がスタンダードタイプで通常の接着に使います。緑は流し込みタイプで
サラサラな溶剤でパーツを貼り合わせてから毛管現象を利用して流し込んで使うタイプ。
主に、パーツの肉厚が無い飛行機の翼等で使う。
(右)ノコギリ(大) 100円均一の物だが大雑把に切り出すのには重宝する。
(左上)【クリップ】(大)(中)(小)
100円均一でセットで売っているので複数個買っておくと何かと便利。
接着後のパーツを挟んで置くとか塗装時の小物パーツの保持とか・・・・・・・・・
(右上)【ピンセット】
使っていると先が曲がったりするので100円均一で充分。(店によっては2本で100円)
その横の青い物解ります? パイプカッターなんですが、パイプを挟んで回して切る工具で
本来はステンレスパイプ等を切断する工具なんですが、プラパイプ・真鍮パイプ・アルミパイプ
等を切るときに使ってます。
ノコギリだと曲がってしまいがちですが真直ぐ切れるのでプラ棒を切るときにもアタリ付けに
使いその後にノコギリ&折り曲げで使います。
(※)大型模型店・工具店等で扱てます。
(下)【紙ヤスリ】
ホームセンターブランドを使っています。(模型用より単価が安いのが魅力)
使い易い大きさに切って分けておくと使い易く無駄が少ない(150番〜2000番)
模型には耐水性のヤスリを使用しよう。同じ紙ヤスリでも茶色のものは主に木工用で
使いにくい。みやこが使っている物は1枚58円〜78円の物。タミヤの物は商品としては
いいものだけど大きさが小さく欲しい番数だけで買えないのがネック。
■右から、
◎【木工用ドリルセット】1.5mm〜6.5mmまでがワンセット、バラで買うよりお得!
主にキャストパーツの穴あけに使用。だが!一般的に市販されているピンバイスは、3.2mm
迄なのでそれ以上の径はドリルを手で持ち小さいサイズから徐々に目的のサイズにもっていく
但し、ドリルも刃物なので気を付けないと怪我をするので要注意。
◎【ノギス】普通に模型を作る分には必要の無い物(笑)
スクラッチ時の寸法や真鍮線〜パイプ等のサイズチェックに使ってます。
以前は一本万単位でしたが最近は100円均一で10cm程度の物が在るので模型なら充分。
◎【デザインナイフ&替え刃】此れも無いと話にならない工具の1つ。
パーツのカットからデカールの淵きり等切る作業には必要な物。
通常のカッターナイフも在るが刃の形状が細かい部分では使いずらいので、もっぱら此方。
替え刃は常備しておかないと、デザインナイフの刃は欠け易いので切れなくなったと思ったら
直ぐに変える習慣を付けると怪我もだが綺麗な面が出せる。
◎【スケール】平たく言えばモノサシ。カッター等で傷が入るのでプラ製は避けた方がいい。
因みに、15cm・30cmとL字スケールを使ってます。
◎【タミヤパテ(ベーシックタイプ)】値上がりしたのが・・・・・・・・・
◎【クラフトバサミ】ソフビのバリや厚手のプラ板の荒切り出し、細めの真鍮線のカットにも
使える。



■戻る。



Ads by TOK2