六神合体
ゴッドマーズ
GODMARS


◎1981年10月から日本TV系列で放映開始。原作は『鉄人28号』『バビル2世』等で知られる
横山光輝氏著『マーズ』をイメージソースとして、明神タケル(超能力者)とギシン星人との
戦いのなか兄弟愛も描きつつ展開される。当時のアニメブームも在り、翌年1982年12月
には新作カットを挿入した総集編的内容の劇場版も製作された。(観客は女性ファンの
方が多かったような?) 立体物としてはメインスポンサーであるポピーが超合金合体物
や幼児向けアイテムを展開。バンダイに於いても、ガンプラブームに乗ってか?主役ロボ
のゴッドマーズ(300円売りのコレクションサイズと800円売りで合体可能【両腕は不可】)
のみかと思いきや、ギシン軍戦闘メカ、6種を展開。ガンプラで敵メカが売れると言う方程式
をゴッドマーズにまで適応させたのはどうだったんでしょうかね?(流石に初版以降の再版
はされていないようだが。ゴッドマーズはスーパーロボット系キットが再販される度に再生産
されているので比較的入手はし易いが、既に知名度自体が怪しい(10代は生まれてない)



■旧バンダイ・ベストメカコレクション 34  《六神合体ゴッドマーズ》■




●合体に数分、決着に数秒と本編でも合体すると殆ど動かないゴッドマーズ。
元々のデザインがポピーサイドで起こされているので合体ギミックや子供が好きそうな
カラフルな配色と当時の全塗装が前提の模型ではかなり厄介なアイテムであった事は
間違いない(東映系ロボット等も塗りが大変)
キットに話を戻すと、ベストメカコレクション版は、合体ギミック(ガイアーの収納ギミックは在るが)
をオミットした分ポピーのイラストにはかなり似ている。(気にしなければ素組みでもOKでは?)
素組みでは芸がないので直立不動のポーズをヒーロー立ち?にするべく間接位置を調整。
特に足首は脛で曲がったりするので、足首を切り離し角度を付けて再接着。
首はアゴをひかせる為に新造。基本的にキットのパーツは生かしての改修のみ。




■旧バンダイ・ベストメカコレクション 45 《バルバラ》■

⇒キット紹介




◎第1話に登場し、完全に超能力者として目覚めていないタケルを苦しめた。
本編ではスタジオZ5やスタジオ1による作画でかなりパースのついた画面構成で
カッコイイのですが、全てのギシン軍戦闘メカに言えるのですが画面とのギャップが
あり、妙にキッチリとした造形が可愛い。出来自体は当時では上級の分類に入るの
ですが、如何せんヒケが多く(モールド周辺に在る事も多々在り泣けてきます。)
キットは出来も良くてプロポーション改修等は一切しなくてもOKでしたので、短過ぎる
マニュピレーターを延長した程度。



■旧バンダイ・ベストメカコレクション 40 《バキューム》■

⇒キット紹介




◎後の製作された『緊急発進!セイバーキッズ』にもゲスト出演するなどモゲラをSD体型に
したようなフォルムがラブリーなメカ。
製作自体は3〜4年前に終わっていたが、主役ロボのゴッドマーズで頓挫していたので
お蔵入りしていた。



■旧バンダイ・ベストメカコレクション 44 《パンドラ》■

⇒キット紹介。




◎宇宙船とも鳥類とも見える有機的なデザインがお気に入りのメカ。
キットは以外と可動部分が多く接着⇒張り合わせの繰り返しですが
配色自体が殆ど単色みたいな物なので全て加工しました。
改修といっても頭部のディティールアップ程度で済みます。
劇中のデザインを再現となると各分延長やあ面の三次曲線等
スクラッチになるのでキットとして纏まっていればOKなので素組み









■戻る。



















Ads by TOK2