機甲界
ガリアン
PANZER WORLD GALIENT



■1984年秋の新番組として2クール放送された、『機甲界ガリアン』
『太陽の牙ダグラム』『装甲騎兵ボトムズ』に続く高橋良輔監督リアル
ロボット系作品として企画されたが、諸事情によりアニメ誌等の新番組
告知から半年後のスタートとなった。(その分、製作に時間が取れたの
で、当時としては作画の乱れも殆どなく安定した製作環境だった様だ。)
時期的には富野監督の『聖戦士ダンバイン』の後に成るが、日本国内的
に異世界ファンタジー物のジャンルが定着する前だった為か、マイナー
作品的な扱いで、メインスポンサーのタカラのSAKシリーズも苦戦し、
非売品アイテムのプレゼントキャンペーンで話題性は在ったものの
商業的には辛かった。(同時期に『巨人ゴーグ』も展開していたが2点
のみ、トイ関係も振るわず模型関係から撤退。その後はSDブームに
のった『魔人英雄伝ワタル』でプラクションの名称で塩ビ成形された
組み立てるトイ色の強いアイテムで往年のSAK的な商品展開はされたが
完全なプラキットとしては後年『ワタル外伝』のリアル頭身の竜神丸と
龍王丸(両キット共にカラーバリエーション+追加パーツで全4種発売。)
が短期間であったが発売、実質的な新商品としてのタカラSAKは幕を下ろす。


■完成作品■

■スケール ■作品名 ■更新日
◎1/100 ◎重歩哨機シールズ ●2009年05月09日更新



■タカラ 1/100SAKシリーズ・キット紹介■

■bP ◎機甲兵ガリアン ●2008年11月29日更新
■bQ ◎飛行兵ウインガル ●2008年11月30日更新
■bR ◎機甲猟兵ザウエル ●2008年11月25日更新
■bS ◎機甲猟兵スカーツ ●2008年11月25日更新
■bT ◎人馬兵プロマキス ●2008年12月12日更新
■bU ◎水機兵アゾルバ ●2008年12月12日更新
■bV ◎指揮官用飛行兵ウインガル・ZEE ●2008年11月30日更新
■bW ◎重装改アザルトガリアン ●2008年11月25日更新
■bX ◎指揮官用人馬兵プロマキス・ZEE
■bP0 ◎ハイシャルタット専用ウインガル・ZEE ●2008年11月30日更新
■番外@ ◎重歩哨機シールズ ●2008年11月29日更新
■番外A ◎指揮官用水機兵アゾルバ・ZEE ●2008年12月12日更新

■クラウンモデル 1/130シリーズ・キット紹介■

■bP ◎機甲兵ガリアン ●2008年11月23日更新
■bQ ◎機甲猟兵スカーツ ●2008年11月23日更新
■bR ◎機甲猟兵ザウエル ●2008年11月24日更新
■bS ◎水機兵アゾルバ ●2008年11月24日更新
■bT ◎飛行兵ウインガル ●2008年11月24日更新
■bU ◎人馬兵プロマキス ●2008年11月24日更新
■bV ◎指揮官用人馬兵プロマキス・ZEE ●2008年11月24日更新
■bW ◎指揮官用水機兵アゾルバ・ZEE ●2008年11月24日更新
■bX ◎重装改アザルトガリアン ●2008年11月24日更新
■bP0 ◎指揮官用飛行兵ウインガル・ZEE ●2008年11月24日更新
■bP1 ◎ハイシャルタット専用ウインガル・ZEE ●2008年11月24日更新
■bP2 ◎巡航型人馬兵プロマキス・VEE 未入手



■当時、配られていたクラウンモデル編集の情報冊子。
01はガリアン以外は木型で登場メカの紹介、発売リスト等。
02では改造のアドバイスとしてアザルトガリアンとウインガルが
取り上げられている。その他にはAFV等で有名だった模型サークル
無限軌道の会が製作されたジオラマが数点掲載されていた。






■戻る。






Ads by TOK2