■機甲猟兵スカーツ■

  

■潟Nラウンモデル(ガリアン事業部) 1/130スケール
《機甲猟兵スカーツ》
◎1984年10月頃発売。 価格:300円

◎BOXの完成見本は無限軌道の会の製作。(一部改造在り)





《キット内容》
◎全体的なバランスはタカラの1/100SAKより設定に近い。
ディティール等の細部は結構大味だったりしますが、素材としては
秀作キットでしょう。そして価格帯を押える為にバックインパネスの
分離合体ギミックは省略されています。(スカーツの首基部は別パーツ
なので、頑張れば分離合体も可能かな?




■製作■

◎プロポーションは思ったより悪くなくボリュームとかは1/100SAKより設定画よりのバランスだったので、
ディティールは、設定画や1/100SAKを参考に修正や追加しています。



   

【頭部】・・・・・全身稿のバケツぽさは良く再現されていますが、顔のT字状の目のスリットが細すぎ、
Tの字の鼻の方は太くてシャープさが無い、そこで目のスリットは面積を広げる様に削り込み。
鼻の方は一端アルテコSSP‐HGで埋めてからシャープに彫り直し。
額は1/100同様に頭部アップ稿を参考に前方にボリュームアップし左右のラインを修正。
首は以上に細いので、首は切り飛ばして、コトブキヤのプラユニットから。

【胴体】・・・・・上半身は出来が良いので、ほぼそのままで、わき腹部分は1/100を参考に面構成を変更。
腰周りはサイドアーマーが一体成形で足を開けないのでカッターナイフで丁重に分割し、
スカートの基部の無くなった部分をプラ板で追加。サイドアーマーはエッジが立っているので
軽くペーパーかけして丸みを持たせてあります。
また腹の下部がスカート側のパーツに付いているのでスカートを分割する際に切り離して、
胴体側に接着しラインを修正。


   


【椀部】・・・・キットのまま、拳は時代を感じますので、右は親指を新造し他は削り込んで立体的に、左は平手ですが
行儀が良すぎるので、カッターナイフで指に切れ込みを入れて1本ずつ成形し自然に手を開いた感じにしています。
1から新造するよりは比較的簡単な加工で見栄えが良くなります。





【脚部】・・・・太ももが細く感じたので、接着面で1mm幅増し。
スネはヒザのトゲが楕円になっていたので、3mm丸棒で新造。
足首は1/35スコープドックの如く幅広なんだけど、インナーの間接が細いので、
接着面での幅詰めが出来ないので、アルテコで裏打ちし、つま先の左右を
削り込んで小型化。その際無くなった丸モールドはコトブキヤのプラユニットを
貼り付けてます。


スネ両側のアーマーは微妙にラインが違いますが修正しても効果が薄いと思い
抜きの関係で楕円や省略されたリベットをWAVEのリベットで修正。


【バックインパネス】・・・・・ボリュームは申し分ないのですが、飛行形態で
腹部に当たる部分が妙にエッジが立っているのでペーパーかけして
丸みを持たせています。








■戻る。                                      ■完成。









Ads by TOK2