■機甲猟兵スカーツ■

   

■タカラ 1/100SAKシリーズ bS
機甲猟兵スカーツ
■1984年10月頃発売。
◎初版定価:600円  ◎タカラ復刻版:1000円



■製作■
◎ SAK中では少々、難が在る分類のスカーツ。登場時は敵か味方かやきもきさせましたが、
ガリアンがピンチの時にプロマキス・ヴィーの軍団と共に現れピンチを救う。ヒーロー物の
定番みたいな演出や最終決戦までジョジョを助け共に戦う数少ない味方側の機甲兵なん
ですが、キャラクター的には人気はあんまり無いのかな?

◎キットは可動範囲確保の為か、腕が長く大き目で何故か角指の拳、自立させる為か幅広の
足首で、設定画のボディービルダー的引き締まった10頭身体形に甲冑を付けているイメージ
からかなり離れています。どちらかと言うとダグラムのマッケレルやズゴックみたいな横広の体形で、
当初は頭を抱えていたんですが考えるより手を動かした方が早いパターンで製作。






【頭部】・・・・全身画稿だと立体感の乏しいので頭部アップ画稿(コックピットギミック画稿)を
参考に額分にアルテコSSP‐HGでライン変更や首を別パーツ化したり削り込みで立体的に。
全身画稿だとバケツの様な頭部形状なんですが頭部アップ稿やコックピット透視図の画稿だと
結構面構成が複雑なんで、キットの形状でも極端には外れた形状をしてないだけに困り物。
確かにアオリで観ると全身稿にも見えるんですが?




【胴体】・・・・・上半身は接着面で1mm幅増し。コックピットハッチ下部を延長。
別パーツになっている腹部は高さを2mm、背中側を1mmボリュームアップ。


【椀部】・・・・・上椀は長すぎるので肘側で2mm幅詰め。
肩アーマーはキットは外側のラインが直線的なので、切れ込みを入れて
設定画風にアールを付けました。
拳はイメージを損ねている要因なのでプラ板、プラ棒、アルミ線等で
新造、甲のトゲはキットから移植。


【腰アーマー】・・・・・サイドアーマーが長すぎる感じがするので、上部側を1.5mm切り詰め。





【脚部】・・・・・太ももは細くて長さが足りずサイドアーマーとスネアーマーの隙間が
少ないので、接着面で1mm、上下に3mm幅増し。


◎スネ自体は幅増しした太ももが挟める様に膝関節分を現物合わせで調整。
スネのカバー状アーマーがスネから浮いているので、接続方法を変更して
ギリギリまでスネに密着する様に変更。
アーマー下部のリベットが抜きの関係で楕円になっていたり省略されている
部分はWAVEのRリベッツの(大)を貼り付け。


◎足首は幅の狭い方にサイズを合せると丁度良くなるので1.5mm幅詰め。
つま先の左右の形状が設定画の前後で形が違うので
修正しだすとキリが無いのでそのまま。


【ランサー】・・・・・劇中のイメージからすると細い感じがしますが、スネアーマー内に
収納する事を考えるとこんなものかな?ランサー同士の接続部分は合いが今一つ
だったので4mmプラ棒に交換。


【バックインパネス】・・・・・キットは分離合体変形出来るギミック満載なんですが、
加工中に見事に主翼軸等が折れたので固定になってしまいました。


◎新造パーツも殆どなく長さや幅の調整で化けましたね。キットの素性は良いのでしょう。













■戻る。                           ■完成。
















Ads by TOK2