POWERED ARMOR PA-58N/C HALK
パワードアーマー PA-58N ”ハーク”
パワードアーマー PA-58NC”ハーク・コマンダー”
『撤退しろ!』






■グンゼ産業 1/24 キットbQ
PA−58N ハーク使用。

当時の定価:300円






◎全世界規模で進行しているイデリア軍。東南アジア方面守備隊の小隊がハーバラ・
ザンター部隊と遭遇。数と機動力に翻弄されハーク小隊が撃破されていく。
小隊の指揮官ハーク・コマンダー搭乗のリー少尉が被弾。
どうにか一命はとりとめていたが、右脚部の動力系を損傷し自力では動く事が
出来ない。どうにか作動する右手足を使い茂みに避難しようとするが・・・・
そこに今日転属してきた新兵のハークが駆け寄り迎撃するが、劣勢には
変わりが無い。リー少尉は虚ろになる意識で『私はもういい撤退しろ!』
と新兵に命令するが・・・

みたいな展開を考えながらレイアウトを考えてみましたが、まだまだ未熟ですね。

















◎ハーク・コマンダーの被弾後ですが、中に人が入っている事を考えるとあまり派手に
施すと、中のパイロットが即死されては単なる残骸になってしまいますので、第1次装甲
〜第2次装甲くらいで止まって作動不良を起こしている位としました。血とか書き込むと
生々しいし。(アニメでは被弾=大爆発で模型的には困るんですが・・・・・。)









■塗装ガイド■
◎ドルバックニュース1号・2号に掲載されているカラーバリエーションから、
東南アジア迷彩を参考に塗装しました。
東南アジア迷彩といいつつもまんまベトナム迷彩やNATO迷彩に近いんですけどね。

◎基本色(土色)・・・・・・Mr,310ブラウンFS30219
◎迷彩色(緑1)・・・・・Mr,カラー303グリーンFS34102
◎迷彩色(緑2)・・・・・Mr,カラー309グリーン34079






◎アニメモデルで迷彩とかすると大体色味が少なくて地味に仕上がりパッとしなくなる
事が多いのでアクセントカラー今回の場合、グレネードガンのオレンジや腹部の黄色とか
実際の迷彩ならタブーですけど模型的な見栄え優先です。ベースとか同系色が多いから
余計に映えるんですよ。(リアル思考なら間接が光っていたり武器類も同系色にしないとね。)





◎投げ出された(落ちた)ハンドグレネードガンのメイン・グリップ(キットでは省略されてますが)
を設定画を参考に作りましたが見える角度が限られていて、無駄な動力だったかな?






■アオシマ文化教材社から再販されているキットのBOXアート。





■グンゼ産業(旧キット)のカラーガイド。
未だに、ドルバック隊仕様の標準カラーで塗った事が無い。
プロポーション的には腹部幅が在るように感じるが、
武装を持たせてポーズを付ければ然程目立つ物でもない
基本4種PAのなかでは出来が良いキットでしょう。






■戻る。







Ads by TOK2