★☆★☆投稿作品 bR8★☆★☆
◎tonさん◎
(※)投稿日 2009年12月20日





■作品名:光武(大神機、さくら機) (「サクラ大戦」より)
■メーカー:WAVE          ■スケール:1/24






◎わたしは、元ネタのゲームはしたことがないんですが、
おじさんなのでパチンコの機種としてサクラ大戦に出会いました。
機種との相性もよく、ときどき儲けさせてもらった好きな機種だったのですが、
パチンコ店の機種はどんどん入れ替わりますので、
ついに行きつけの店での最後の1台もなくなってしまいました。
(ここのところは健全な模型少年には読み飛ばしていただきたいとおもいます。)
ということで、何か形に残しておきたいと、光武の製作に取りかかりました。


◎私もゲーム自体は未知の世界ですね。
元々は『逮捕しちゃうぞ』『あぁ女神さま』の藤島康介氏のキャラデザインで
興味を持ちOVA1巻目を買ったのですが、内容が・・・・・・・・・・・でその後は
TV版になったと言う事で留守録(当然この頃は社会人でしたから)
作画崩壊とは良く言ったもので、キャラ以外でまともな作画には出会わず
ストーリ展開にもテンポがなくて数話で離脱したので『サクラ大戦』に
ついて語れと言われても・・・・・・・・光武がラブリーて程度の知識(苦笑)






◎例によってヤフオクで調達。光武改や光武Fにくらべ、
「改」や「F」のつかない「光武」は出品がやや少ないようです。
たまたま主役級の大神機、さくら機を一緒に調達できました。
コンプリート目指せば7機あるのですが、さすがに調達の機会も、作る根気も、
飾る場所もなかろうと、この2機の完成に精力傾注することにしました。


◎発売当時は何故か光武・改さくら機だけ買っていたんですよね。
店頭(問屋)で光武が新製品と薦められたが当時は改との違い
が追加パーツ程度て認識。Fはエリカ機とコクリコ機だけ買ってましたね
(多分S,A,F,S,&PAにイメージが近いのと赤系だったから?)
スターにいたってはスケールが違ったのとフィギュアが付属しなくなった
ので興味が湧かなかったんですが、2009年中にワゴンセールやらで
光武・改〜光武〜光武F〜スターと全機揃ってしまいました・・・・・・。
(スターは軒並み人気が無いのか半額シールだらけ、しかも何枚も
値段訂正した後が、泣かせますね・・・・・そりゃ再生産しないは)






◎さて、キット自体、プロポーションも良く、大きな改造はせず、
できるだけ丁寧に仕上げようと思って作りました(わたし基準の「丁寧」ですが)。
2機とも本体は成形色の違う同一金型ですが、各機体に灰色成形色のカスタム
パーツが付いていて、少しずつ異なる機体を作り分けられるようになっていま
す。カスタムパーツも手抜き無しって感じです。大神機の角の尖り具合は凶器に
なりそうですし、刀は極薄で穴もきちんと抜けています。おかげで、刀は1本
折ってしまい瞬間接着剤で補修しています。


◎光武(WAVEプラ全般)は合いや組み難さは在る物の元がガレージキット・メーカー
だけ在ってプロポーションは良好、余程拘りがなければBOXアートにも似ているので
素組でCG特有の質感の再現とかに凝った方が時間対効果は良いと思います。
さくら機のピンクなんて特にピンクなんだけど、薄い紫にも観えちゃうのがやっかい
だったりします。(豪華版のメッキはどう見てもパープルです)
追加パーツは良く出来てます。追加パーツが付くだけで印象が結構変るのが
光武のデザインのオモシロさでしょうね。光武・改よりも光武の方が各機の個性が
強調されていて、バリエーションキット購入の時の何処が違うの?て間違い探し
をしなくて良いのが良いですね。






◎大きな改造はないとはいえ、頭部ハッチの取っ手を真鍮線に交換しました。
キットのパーツはきちんとした仕上がりですが、細くて華奢なので、
仮組時点で折ってしまいました。
他に、股の軸が見えないように丸バー二アをくり抜いてカバーをつけたり、肘・
膝カバーの裏を流用パーツやプラ板でふさいだりもしているんですが、
全く見えません。
あとは排気管の開口くらいです。ぱっと見たところ素組との違いはわかりません。
いつもきれいに整備されていそうな印象から、汚しもごく控えめにし、つやあり
で仕上げました。そういえば金色の塗料を使うのは初めてです。


◎元のキットの出来が良いだけに重箱の隅の様な改修に終止してしまうのが
モデラー的には悲しかったりしますが大手メーカーがキット化しない作品が
充実してくれるのは嬉しい限りです。(ただし、ユーザー数も限られるので
それなりの価格になってしまいますが、同サイズのキャストキットを買うこと
を考えれば、入手、製作し易さが違ってきますからね。)

光武の汚し・・・・・1/24てことも在りまし女性隊員中心ですからね、
綺麗に磨き上げられていると思います。大神やカンナは動けば
汚れなど気にしなさそうな印象ですが?<本編は全く知りません。






◎関節の可動範囲は結構狭いのですが、刀を振るったり、走ったりのポーズ付けも試してみました。
ただ指のパーツがさわるとぽろぽろ落ちるので、ピットマルチ2というのり
(塗った直後は強力のり、乾くと貼ってはがせるのりになるというもの)を使って補強してみました。


◎デザイン的に肘が曲がりませんし、上半身が重いので自立出来るポーズも
限られてきますがBOXアートの様な見栄きりポーズは付けたくなるのが人情。
指のパーツは強度が殆ど無いので、真鍮線に変えるか固定が後々良いみたい
たまには5本指以外も良いモンです。光武全般にレトロさとSFチックさが上手い
塩加減でマッチしていて好デザインだと思うのですが?
スターはアメ車的なゴツゴツしたのが・・・・・






◎キットには搭乗者の同スケールのフィギュアもついています。フィギュアは、初めての挑戦でした。
エアブラシで白を吹き付けたあと、ちまちま面相筆で塗り分けました。
目はデカールをありがたく使いました。多少とも顔がみられるとすればデカールのおかげです。


◎MMの影響でしょうかね同サイズのフィギュアが付属していたりすると妙に購入意欲を
かき立てられるんです(さくら大戦シリーズ買い揃えたのもそれが1要素)
フィギュアも在ると無いとではメカの映え方も違ってきますから。
でも、一般的にはガンプラでもAIR物でもフィギュアて塗装されずに廃棄されることが
多いような・・・・・・確かにフィギャアの塗装て慣れないと難しいからしかなないかも。

初フィギャアでここまで塗り分けを再現御苦労様です。
物が小さいのでマスキングするのも大変ですからねぇ。
特にゴールドの縁取りが難しいですよね。






◎できた光武をみて、改めて思うんですが、何となくオバQを連想してしまいます
(年代が知れますな)。化けることの出来ないオバケのQ太郎が修行を積んでザクに
化けたらこんな感じになりましたみたいな…。レトロっぽくも愛嬌の感じられる機体ですね.


◎私はドルバックやPS系が好きなのでノーブのイメージが強いです。
ただスペックを見ると2.4mとATより小型なんですよね。
そのわりにはコックピット内は広く書かれているし・・・・
オーバーテクノロジーの塊(細かい事は気にせずキャラクター性
を楽しむアイテムですよね。)






◎やっぱり全機集合が見たくなってきますね。
(エアウルフのBGMを聞きながらさくら大戦ネタ・・・・・・
妙な取り合わせで変な事かいてないかな?)







■戻る。






Ads by TOK2