★☆★☆投稿作品 bP7★☆★☆
TAKAさん◎
(※)投稿日 2005年08月18日






■メーカー名:タミヤ 
■キット名:1/35 ハノマーグ兵員輸送車






タミヤのMMシリーズ・ハノマーグ兵員輸送車です。私は80年代
戦車プラモブームを経験しておりまして、いくつか作りました。


◎私のルーツもAFVからです。(ホントの最初は記憶がある限りでは
マッハ号かサンダーバード2号のどちらかのはずです(^0^*オッホホ)
この頃はコンプレッサーなんて買えないからオール筆塗りでした。






このハーフトラックは、少ないお小遣いでやりくりする少年モデラーにとっては、
車輌に兵隊が五人もセットされた嬉しいお買い得キットでした。


◎そうなんですよね。戦車は高くてなかなか手が出せないから兵隊セットとか
ソフトスキンくらいしか買えなったんだ(;_;)シクシク
で誕生日とか特別な日にチーフテンやマーダ兵員輸送戦闘車
を買って貰えた時は舞い上がった物です。





大人の世界のプラモデル。ドキドキしながら作ったものでした。
そのドキドキは今でも同じかも。


◎AFVキット手作りなが活躍するシーンや兵隊をどう絡ませようとか
車両の構造なんか考えながら作れるのが面白いんだよね。






工作はストレートですが、部品が細かいので丁寧に作業しました。
とても作りやすいキットで、さらさらと形になりました。


◎私のハノマーグ何処にいったんでしょうね(笑)





塗装はいつもどおりのオール筆塗りです。
今回は下地はラッカーで、基本塗装をエナメルで行ったので、
ウォッシングをせずドライブラシで頑張りました。

ウェザリングは控えめにすることを心がけましたが、
もう少しキツめにかけてもよかったかも知れません。


◎なかなかジャーマングレーが決まってます!
ドライブラシで色の退色等良い雰囲気です。





ディスプレイ台は、せっかく兵隊さんもいることですし、
思い切ってジオラマ風にしてみました。
あくまでも“ジオラマ風”です。
雰囲気だけです。100均のコルクボードと紙粘土、
本物の畑の土と枯れ枝、年代モノのシーナリーパウダーで作りました。

◎簡易なベースでも在ると無いとではモデルの引き立ちようが違いますよね。
惜しくはバック紙に光源が反射してしまっているのでつや消しの紙を使うとか
(100円均一でもいろんな色の物が売られているので好みの色を何本か
購入しておくと対象物によって使い分けが出来ますよ。)すれば画像としても
綺麗に仕上がりますよね。(結構目立つんです)






AFVはキットの解説書では、はっきりしない個所があったりするので、
参考になる作例や資料を探してサイトをうろついたり、
模型誌の別冊を読んでみたりと、新鮮な体験でもありました。
キャラクターモデルとは違うおもしろさがあり、また作ってみたいです。

◎一時期は資料がないから作らない、作らないからキットが溜まると
悪循環がAFVモデルの風潮みたいになってしまい新規ユーザー
ばかりか古参のAFVモデラーまでもが模型から離れていきAFV
の冬の時代が来た事を考えると資料はBOXアートのみで
気楽に作った方が面白いと思うけど(笑)ただでさえ国内キット
が高騰していく一方(数が売れなければ単価を上げるのは当然)
タミヤには今まで以上にライトユーザーでも作れるキットを販売
してもらいたい物です。海外勢も良い物が沢山在りますが
作り易さと購入し易さと言った点ではタミヤが一番です。
(タミヤ製品を作った事がなくても材料や塗料ではお世話になっているはず)






■戻る。





Ads by TOK2