★☆★☆投稿作品 bW★☆★☆
ぼいるどえっぐさん◎
(※)投稿日 2004年03月09日


■ATM‐09‐STTC”スコープドッグ ターボカスタム”■
〔WAVE 1/24スケール ”スコープドッグ ターボカスタム−グレゴルー機−”使用〕


★コメント★

今回製作しのはグレゴルー機と言いましても、頭部(カメラガード)と左拳のみなのです。
設定の完成品は、みやこさんのを御覧下さい。

◎銃はMAXファクトリー製(ソフビ)のダイビングビートルからの流用。

◎大型火器は立体物として映えますね。
設定でも一部を除き携帯火器は共用出来る様に為っているので違和感が無いです。
ミッションパック(ザック)等の装備を外した事で、強襲用(斬り込み隊長)風に?


◎白いラインはデカールと手書き。

◎地味に為りがちな単色塗装に良いアクセントに為っています。

◎バトルダメージ&ハードな汚しを行いました。(前面に表現が集中してしまい、後ろ側が淡白に為ってしまいました・・・・・・・・)

◎独特の作風が良い味出してます。汚しの表現は遣りすぎるとスケール感が無くなるし難しい所です。
ダメージは、突撃陣形の運用が多いATでは前面に集中しやすい(後方から攻撃されてはひとたまりも・・・・・・・)
また、背部はザックの装備や降着時に可動する部分が多い事やブースター展開等、稼動に際して支障をきたすと
運用が出来なくなるので、破損等が在ると頻繁に部品交換をしたと想定すれば可笑しくは無いのでは?



■立膝ポーズ■

◎足裏可動部を外す事で可能に為ります。

◎ブースターカバーの事かしら〜ん?

◎マスターグレード(MG)だったのか?

◎1/24キット自体が20年前には脅威的完成度が在っただけに・・・・・・・・・・・
良く考えられた可動ギミックなのに惜しのは、間接周りに在るアーマー類が干渉してしまって
見た目に然程、動いて見えない _(・・;φウッ・・・
キット内容は内部フレームや降着ギミックが無いだけで、20年前に既にMGクラスだった?
(タカラの技術力には驚かされます。数年前に持ち上がったアップデート化が実現していればと・・・)

◎此れで、銃を両手で構えられたら・・・・・・・・・・カッコ良すぎ(>_<)(今後の課題か?)

◎前後にボリュームの在るデザインの宿命でしょうね、肩の軸にスライドギミックが無いので、
劇中の様に腰溜めにライフルをカッコ良く構える事が出来ない。かと言って腕の延長をすると
立ちポーズのバランスが可笑しくなるので難しい・・・・・・・・・(暫くは挑戦する方法探します)



■ホワイト・ショルダーS’■

◎L(ライト)級、M(ミッド)級、H(ヘビー)級。対比。
色の統一感を目指すも・・・・・・・・・調合がアバウトな為に(^_^;)










■戻る。           ★オマケ★

Ads by TOK2