★☆★☆投稿作品 bQ★☆★☆ 
◎てんぐどーさん◎
※投稿日 2003年6月25日


■メーカー ◎アオシマ
■スケール ◎ミニモデルシリーズM  《NONスケール》
■作品名 ◎マシンランジャー
■定価 ◎600円(当時の価格)


●アオシマ(青島文化教材社)のオリジナル合体シリーズのフラッグシップ
(代表作?)アイテム《合体ロボット”アトランジャー”》の商品バリエーション。

●ミニモデルシリーズは他の商品と異なり半完成品の商品形態で販売され
13号〜16号の4個を集めると支援メカ”タイガーシャーク”が完成する。
デザインは《合体ロボット”アトランジャー”合体マシーン”タイガーシャーク”
とは異なる。(後に箱変え再販され『銀河ロボットアトランジャー兄弟』(笑)
と改名され”タイガーシャーク”も”銀河戦艦スーパー地球号” _(・・;φウッ・・・
に、”マシンランジャー”は《銀河ロボット2号”アトランジャークロス”》へ・・・


★ミニモデルとはこういう物ダァ!★

 ■マシンランジャーのロケット・ランジャー■
首が飛ぶギミックがちゃんと作動せず、オミット。

> _(・・;φウッ・・・今の御時世では縁起の悪いギミック(笑)
この頃のギミックは作動する方が奇跡に近い物が多かったから仕方ないけどね。<残念。


◎そのときに不要になったパーツで首を延長しました。

>w(゚o゚)w オオ- リサイクルモデリング!箱の中身は有効利用しないとd(^-^)ネ!

◎それ以外はほぼ無改造です。
>70年代テイスト爆発のフォルムは此れは此れで味が在るのでそのまま味わうのが大道!てもんでしょう。
それ以前に、色も塗った完成品て始めて見ます!キットの完成見本自体が成型色のままなので(イロプラの元祖?)
指定色だけでは色数が少なすぎて見栄えが・・・・・・・・・・・

塗装はラッカーの筆塗り。塗装前にサフ吹きをしてたのですが少し吹いたところできらしたので下地は白のスプレーがほとんど。

よくあります(笑)
買いに行くとテンション下がっちゃうんですよ(苦笑)

◎配色はヒーローロボットっぽく、アトランっぽく。でも赤多目。

>元の指定色が味気ないので、配色変更はヒーロー性が強調され、”アトランジャー”の兄弟ロボの設定が納得できます。
元のままでは合体マシーンの余剰パーツみたいで悲しい(>_<)ヽ ナケルゼェ

◎合体してタイガーシャークになるバードマシンはいまだ手付かず。味があっていい機体なんですけど。

>クチバシの生えたコンテナ(笑)
シュールすぎてツボです!(輪切りパーツの辛い所)
どう料理されるか楽しみ(((o(^。^")o)))ワクワク


2003年1月頃の作成です。

■マシン形態■
ただ寝ただけなのに(笑)フォルムが違って見えるのが、”合体遊び”の醍醐味だ!!
余剰パーツが何処に行くとか野暮な事は言いこなし(^-^)ニコ


■更に、機首パーツを付けると・・・・・・・・・・・ゴッドバー○風?
ほら。カッコ良く見えてきた!カッコ良いんだ!・・・・・・
たぶん(-。-) ボソッ


■戻る。
Ads by TOK2