BBガンボット シリーズ 3
グレゴリオV

  

■アオシマ BBガンボット・シリーズbR
グレゴリオV

1980年代、BB弾発射ギミックが流行した頃の商品。当時定価500円


◎本体はミニ合体マシーンの『シャイアード』>『ガボット』>『バトラクス』と成型色変え商品
の最終生産と成ったものにBB弾発射ギミックの付いた変形ロボット『BBガンボット』とBB弾
が30発を追加した物だったが他社のデフォルメされたロボットほどのセールスには成らなかった。
現在でもアオシマ通販HPで購入する事が可能。(売り切れになっていたら御勘弁を)



◎アオシマコミックスにも登場する『シャイアード』だが初期に出たポケットパワーシリーズは
同社で展開した『無敵ロボトライダーG7』の金型流用商品で元と成った『トライダーG7』の
面影が残っていたが、おやこマシーン、マイクロモデルとデザインが変更されさ商品展開
としては最後になったミニ合体マシーン版ではコミックス版のイメージを残しながらも
異なるデザインで商品化。商品構成としても右の拳の発射ギミックやジャンケンをする為?
の手首が用意されていたり頭部がフェイスタイプとゴーグルタイプ付属する等
100円売りのキットとしては充実?していた。

■製作■
プロポーション自体は良い分類に入るがやはり合体ギミック優先で
5mmジョイントに垂直挿しで直立不動で如何にも昔のロボットキット
然としている。BBガンボットを持つ都合上余り派手なポーズが取れない
ので立ちポーズで様になる事をテーマに製作。

【頭部】・・・ゴーグルタイプを使用。アゴを引いた状態にする為首を新造。

【胴体】・・・腹部で一旦カットして、微妙だが背を反らしている。

【腕部】・・・右腕は拳の発射ギミックの為肘が曲がらない為、穴を塞いで肘を曲げている。
左腕は90度に曲がるが左右でデザインが異なるのも可笑しいので関節を殺して固定。

【脚部】・・・全体に細いので2mm幅増し。

【背部ウィングパーツ】・・・本来無いパーツだが他のアオシマオリジナルロボの
殆どにウィングが装備されている事もあってマシーン形態の余剰パーツから
チョイスしてそれらしく。



■製作《Ver,2》■

前回と然程変わっていない様だが、足の開き具合を変更したり、
拳をキットを削りこんで今風角指マニュピレーターにした。



アイベックスバッジ(胸の飾り部)上部に一部のイラストで
確認できるノズルを追加。俯瞰からしか確認できないのが
不毛なディティールアップだったかも?





■戻る。












Ads by TOK2