■泣}ーク 1/350 リアルフォームbQ 《ニオーム》■

1982年後半発売? 当時の定価:300円

◎劇中やOPにも登場する代表的な敵メカ。
デザインの意匠は見たまんまの仁王様+当時のヤンキー風なのだが、
キットの方は・・・・・・・・・・変にホノボノしていて顔はヤンキーモヒカンと
言うよりは谷啓さん風の温和な表情なんですよね。






 


【頭部】・・・・・此処を弄ればかなりイメージアップ出来ます。
接着面で2o位幅詰めし、頭頂部とモヒカン部分にエポキシ
パテを持って丸顔を縦長のシルエットにします。後は資料を
観ながら納得いくまで修正を繰り返します。

【胴体】・・・・・ポーズを付けないならボリュームも在って良い形状
をしてますので、脇のノズルを変更するだけでも充分。
私は、ヒネリを入れたポーズにする為に3分割しましたが、
ハッキリ言って作業量は増えるだけなのでお勧めできません。




【椀部】・・・・・弄りだすとキットが芯にも成らなくなるので、イメージ重視

◎肩アーマーは上椀と一体成形orボリューム不足。上椀部から切り離し
左右に6o、前後に3o大型化。縁取りもエバーグリーン製の半丸プラ棒で強調。

◎上椀は切り離しで無くなった部分の再生とエポキシパテでボリュームアップ。

◎下腕は接着面で1mm増ししアルテコHGでラインを均す。

◎拳は両方とも新造。ロボットでポーズ以外で表情を付け易い部分だから頑張る。

【ナギナタ】・・・・・キットでは短くてハッタリが利かないので、真鍮パイプで長めに。

【脚部】・・・・・ザク的なラインの脚部だが胴体とのバランスからすると、太くて短く感じられる。

◎太ももは取り付け位置の為に胴体に埋まってしまっているだけなので、長さは変更
せずに、接着面で1o幅増し、前面と側面にエポキシパテでボリュームをつける。

◎スネはボリューム過多な所に上から下までストレートでメリハリが無い。
スネパーツをクサビ状にヒザ間接側が狭くなる様に幅詰めしメリハリをつける。
ヒザアーマー?(パットかな)が丸まっているので、BOXアート同様に尖らせる。

◎足首。キットは厚みも無くスリッパを履いたような形状で
スネに埋まった印象で余計に小さく見えてしまっている。
まず、接着面で1o幅増し、足底に3o分プラ板を貼り上げ底。
つま先部分にエポキシパテを盛ってファーストガンダム時代の
ザクのつま先のライン風に。




■戻る。




Ads by TOK2